チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

 死生論:チャンネル桜・瓦版、教えられてきた『世界史』は、国際金融資本家(グローバリスト)に都合の良いストーリーに過ぎない!

2016-10-19 12:32:23 | 哲学

      <死生論>

  先日、『源氏物語・新訳』シリーズを執筆した林望(りんぼう)さんの講演を聞いたときに、アルフォンス・デーケン先生を推奨されていたのです。

 ということで、今回は、『死生論』についてであります…。 

 (1)、P・アリエスの死についの著作、『死と歴史』に、【 前近代にあっては、家庭をはじめとする、身近の人間関係の内に、抱え込まれていた「死」が、近代社会の訪れとともに、忌み嫌われるようになり、それにつれて、死にゆく者たちが、病院の中に、隔離されるようになった。】

 と説明されている。

 そういう整理の仕方は、間違ってはいないが、古代においても、中世においても、死というものは、いかにも、不可思議な、説明あたわずの出来事、だったのであるから、それだけでも、死というものを、忌わしく思う、気持ちを拭うことは、できなかったのではないか?

 とはいえ、そういういまわしいものに、向かって進んでいるものとしての、『生』を肯定せざるを、得ないわけだから、というより、生がなければ、死もありえないわけであるから、生の肯定に引きずられる形での、「死の肯定的な、抱え込み。」というものが、あったであろう。 

 死後の世界を想定したり、死者の黄泉がえりを、想像したりするということである。

 つまり、死を拒否するか、受容するかの「二者択一。」だはなく、死を意味すると同時に、迎えるという「両面性。」から、人間は、離れられないのであり、その点においては、前近代と近代に、基本的な差はないのだ。

  (2)、バラモンの徒は、「輪廻転生。」を、信じています。(これはリサイクル理論であります。)  

 次に、キリスト教では、死んだ後、もう一度、「再度の審判。」があり、「二度死ねる。」といいます。

 そして、天国か地獄行きが、決まり、戻ってこない、「一方通行。」であります。(キリストは、復活できます。)

  「御釈迦さんは、死んだら、極楽とか無いと、言っているよ。」とM・N(元・中之島支店長)さんは、言ってました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  柳井ユニクロ『失速』(そ... | トップ |  製造業が、順調に発展して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。