チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 ホーキング博士の異次元世界:チャンネル桜・瓦版、『近代』を形づくった、資本主義・民主主義が終わった!!

2016-10-08 12:51:01 |   人類未知の『精神世界』

     <ホーキング博士の異次元世界・予言>

 『ビックコミック』に、星野之宣の異次元世界・『レインマン』が、好評連載されています。

 そこで、優秀ブログ:伏見顕正さんの『時を斬るブログ』を転載、ご紹介・拡散をさせていただきたいと思います…。

【 皆さんの中には、解体工事や新築工事の一連のビル工事の現場近くを歩く度に、得体の知れない「既視感」や「未視感」に襲われた方もいらっしゃると、思います。

 ちなみに、前者は、「実際、一度も体験したことがないのに、既に何処かで体験したように感じること」。

 後者は、その真逆で、「見慣れたハズのものが未知のものに感じられること」。双方とも心理学用語。

 アルバート・アインシュタインの相対性理論から宇宙理論や時間・空間理論を次々に打ち破った、天才地球物理学者のホーキング博士が、喝破した「この宇宙には、併行的に存在するもう一つの宇宙がある」。

 この世の中は、「過去」「現在」「未来」がほぼ同時進行している。

 言い換えると、昭和49年10月7日の時間軸・空間軸は、しっかり残っているし、平成28年10月7日の時間軸・空間軸も残っている。

 そう、世の中は、多面的・重層的な時間軸・空間軸で構成されているというのですよ…。


 それで、過去と未来への時間軸・空間軸への扉は、目に見えないし、触れることもできない。

 でも、誰でもタイムカプセルやタイムマシーンでその時空を超えて、行けるかもしれない。

 2030年代以降から可能かも…?

 空間を一定以上のスピード(想定外の速さ)で超加速すると、そこに過去や未来への扉があることが、想像できる。

 「この世の中、自分の知らない(不可思議な)ことで、廻っていると思ったほうが無難」かもしれない…??とか。

 アメリカ南部の大西洋に面している「バミューダ海域」のトライアングルで、船舶や旅客機が一時、この付近で、ことごとく「行方不明。」になった。

 2020年以降のリニアモーターカーで、このようなことが起こらないことを祈りつつ… 】

 というのでありますよ!!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  デフレの犯人は、「株主資... | トップ |  東京直下型大地震:チャン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

 人類未知の『精神世界』」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。