チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 デフレの犯人は、「株主資本コスト=利益。」(その2):チャンネル桜・瓦版、医療(現代医学)が、”穏やかな死”を邪魔している!

2016-10-08 12:17:08 | 経済学という詐欺話

  <デフレの犯人は、誰か?(2)。誰も顧みない「株主資本コスト=利益。」>

 株主に対する見返り(資金調達コスト)、すなわち『利益』も『金利』である。 

 その『金利』を高くしろ、という要求が強まっているのだから、それは、「金融引き締め。」でありましょう。 

 たとえば、企業の支払利息と純利益を比べてみましょう。

 支払利息が最も多かったのは、1991年度の38兆円だ。

 それが、リーマン・ショック前の2006年度には、10兆円にまで、金利が低下してきた。

 しかし、純利益は、バブル経済のピーク時の水準、すなわち1089年度の18兆円を上回り、過去最高となった2006年度は、28兆円にまで増えていた。

 これは、『金利』が上昇していたということである。 

 すなわち、「株主資本コスト。」は高いままで、それが企業経営を通して、日本経済を縮小させる方向に圧力をかけ続けている「実質的な金融引き締め。」への正しい認識を持つことである。

 つまり、「小さくなっていくパイを取り合う。」のではなく、「パイを、大きくしよう。」と工夫するはずである。 

 「人口が減るからダメだ。」と諦める必要もない。

 この国の『主役』は、私達である。

 私たちの考え方、行動が、ひとつひとつ積み重なって、日本経済になる。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  脊柱管狭窄(腰痛)の原因... | トップ |  ホーキング博士の異次元世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。