チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

 人生相談。人生・60歳からの『秋のとき』は、「見守る心。」で:難民・紛争・金融危機の『憂鬱な欧州』、最大の敗者はメルケルのドイツ

2016-10-14 14:27:36 |  悩み・迷う心

   <人生相談。人生・60歳からの『秋のとき』は、「見守る心。」で> 

  読売新聞の『人生相談』の事例について、「学識経験者。」の『回答』を参考にして、「世の中の仕組み」(生きる知恵)を重ねて見ると、「どうなるのかなあ?」ということを聞いてみましょう。

 今回の、読売新聞の人生相談は、「50代の娘、夫の定年を機に『離婚』。」という、70代男性の相談に対して、弁護士のDさんが、回答を担当しています。

 【 相談内容 】

 〔 娘の夫は、20年ほど前に、弟の死亡事故で、多額の保険金が入ったことを、内緒にしていて、飲食などに使っていたことが分かり、「夫に裏切られた。」との不信感から、夫の定年を機に「離婚を考えている。」とのことであります。

 結婚して、30年も経つのに、性格の不一致とかいう娘が、我がままに思え、子どもたちの将来を考えても心配であります。

 婿は、今まで、真面目に働いてきて、定年で捨てられてしまうということは、昨年妻を亡くし、何もできないでいる自分と重ねても不憫に思えるのです。 

 立ち入ることは、控えるべきだとも思うのですが、どうしたらよいでしょうか? 〕

 【 D先生の回答 】

 娘の離婚話に、力になってやりたいという、思い、親心は、よく分かります。

 けれども、夫婦のことは、第3者には分からない問題があるかも知れず、それは、やめた方が良いと思います。

 親が、設定した話し合いをしたとしても、くすぶっていた問題まで出てきてしまい、眠っている子を起こすことにもなりかねません。

 娘さんが、希望しない限り、そっと見守っているほうが、良いと思います。 

 そのことを心配なさるより、ご自分のこと、環境を維持することに、専念してください。〕 というものでありました。

 なるほど、家庭の問題で、いちばん多いのは、『離婚訴訟』だそうであります。

 弁護士のD先生も、多くの「離婚問題。」において、間に入ってみたが、「かえって、こじれてしまった。」という、ご自分の体験が含まれて、こうした回答になったものだろう、と納得できました。

 さて、経験豊富な学識経験者の先生が、「そっと、見守る…。」(打つ手なし)というのも、分かるような気がします。

 (「何が?」。 う~ん。 だって、「夫婦喧嘩は、犬も食わない。」というじゃありませんか…?)

 かって、「夫婦喧嘩には、立ち入っては、いけないよ。 あれは、ふざけてるだけなのだから。 口を出すと、ろくなことはないよ…。」

と言われたことが、あるのだそうですよ。

 さて、それでは又、「人生の『真理』。」(世の中の仕組み、生きるための知恵)さんに、聞いてみましょう…。

 【 人生には、年代別の『生き方』が、あります。

 30歳までの青年期(春・訓練期)は、「『素直』・正直に。」、30~60歳の壮年期(夏・実力発揮期)には、「『誠実』に、惜しみなく(世に奉仕する―役立つ)。」、そして、60歳を過ぎた高齢期(秋・実り期)は、「見守る心で。」ということで、あります。

 60歳を過ぎての『秋のとき』において、「見守る心。」というのは、「愛の心で、待つ、『心のゆとり』。」のことで、あります。

 ここで、「見守る。」というのは、「見捨てる、見放す。」ということではありません。

 「子供は、思うようには、ならない。」もの、「愛は、一生かけて、育むもの。」では、ありますが、「子供は、15歳を過ぎれば、自分の人生(運命・世に役立つ生きる力で)を歩む。」というのが、『真理』(世の仕組み)であります。 

 「人は、我が身中心。」が、これまた『真理』(原理)であるから、それに、「振り回されない、自分。」になることが、大切です。

 自分が、妻を亡くし、喪失感で、心が落ち込んでおり、「自分のことと感じすぎ。」、冷静でなくなっている、つまり「我が身中心の心。」に振り回されている、可能性があります。

 このままでは、「娘を、責める心。」にも、なりかねません。

 「見守る心。」とは、「心を広く、達観する。」ということですが、これは、「若いときには、できない。」心であります。

 『達観』とは、「悟り、じっと待つ。」という、「積み残しを、残さない。」心ということでありましょう。

 父親も70歳代であり、娘さんも50歳代で、やがて、人生を達観して、「見守る。」年代になるということであります。

 とりわけ、70歳を過ぎた、父親は、「口出しをして、周りを動かす年代。」ではない、のであります。

 「我が身中心。」の心に、振り回されないということ、なのでありましょう。

 (ふ~ん。 難しいなあ…。)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  水野さんの知8。資本主義と... | トップ |  西田幾太郎。座禅:20億... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。