チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 女性優位で人類社会は、誕生した(その2):「『日本』を主語とする。」・チャンネル桜をご覧ください!

2016-09-18 09:26:35 | 歴史

   <もともと、女性優位で人類社会は、誕生した(その2)>

 父権社会の時代は、人類史に巨大な足跡を残した。

 それは、剥き出しの軍事力が行使される、「力の文明。」の時代でもあった。 

  近代ヨーロッパ文明は、一段と強固な父権社会に、立脚している。

 宗教改革を興したプロテスタントたちは、カソリックにおける、マリア崇拝を排除した。

 ヨーロッパに残っていた、女性原理の『最後』の象徴を排除したのである。 

 そのプロテスタントたちが、近代資本主義の「担い手。」になった。

 「近代文明。」は、強固な男性原理の上に立っている、と言わねばならない。 

 特に、1800年前後の「産業革命。」で、工業社会が勃興した結果、軍事力は、経済力に支えられ、両者が一体となった「富国強兵。」の全盛時代を迎えた。 

しかし、その限界も明らかになったのが、20世紀であろう。

 20世紀末から起こってきた「女性優位。」は、「父権社会。」及び、「力の文明。」の『終焉』をもたらす可能性を秘めている。

 母権社会から、父権社会への転換が、人類史上の『第1』の革命であったとすれば、「女性優位の流れ。」は、『第2』の革命、あるいは、人類史における、女性のルネサンスの時代といえる。

 『美』を大切にする、女性優位の社会の到来が、長寿という幸福のシンボルとともに、語られる時代に、世界史が「力の文明。」から、「美の文明。」へ転換しつつある。

 女性には、「力の文明。」より「美の文明。」が、よく似合う。

 われわれは、美の文明戦略をたてる『秋』(とき)を迎えている。

 それは、女性とくに、高齢女性の「新しい役割。」を真剣にさぐることでもある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ヒラリーは影武者!病気で... | トップ |  中国・国防動員法、一斉蜂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。