チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

 水野さんの知(9)。海賊とウォール街:チャンネル桜・瓦版、ヒラリーを逮捕、投獄せよ!

2016-10-18 13:17:44 |    水野和夫の知

     <水野さんの知(9)。海賊とウォール街>

 リーマン・ショックは、近代資本主義を、16世紀当初の資本主義へと、回帰させることになります。

 リーマン・ショック以前に、世界を席巻した、新自由主義は、15~16世紀の重金主義にあたり、リーマン・ショック後の2010年1月に、オバマ大統領が、宣言した、国家輸出戦略(今後5年間で、輸出を倍増)は、まさに、ネオ重商主義にほかなりません。 

 そして、ボルカー・ルールは、新自由主義の『死亡』宣告なのであります。

 21世紀のネオ重商主義は、海を航海する必要はありません。

 新興国の大半が、ユーラシア大陸に集中しているからであります。 

 21世紀の「陸の時代。」における空間は、「全地球のグローバル化。」が行きついた結果、物理的には、『狭い』のであります。

 例えば、ASEAN+6(日中韓、インドとオーストラリア、そしてニュージーランドを加えた16カ国)は、日本海からアラビア海までを、四方八方、『陸』から、『海』を取り囲むことになります。 

 「陸の帝国。」ローマ帝国が、地中海を『陸』で取り囲んで、「環地中海。」帝国と言われたように、「ASEAN+6。」は、「環インド洋。」帝国でもあります。 

 新しい、「電子・金融空間。」の中で、「略奪的貸し付け。」(サブプライム・ローン)によって、巨額の『マネ』ーを作り出した「ウォール街。」と、英国が、海洋を手に入れる過程で、活躍した、「海賊資本家。」(シュミット・カール)は、どちらも、資本主義における、『主役』という点で、共通しているのであります。

 1970年代半ば以降の新自由主義が、支配していた時代、とりわけ、90年代以降のグローバルな、「電子・金融空間。」を、ウォール街が支配した、「略奪資本主義。」の時代において、2003年から07年迄、世界の実質GDPは、年平均5%成長し、1050年~60年代の資本主義の黄金時代の再来、といわれるほどに、世界経済は、高成長したのであります。

 16~17世紀、「初期の『略奪』資本主義の、この黄金時代。」と同じでありました。

 しかし、海賊資本主義の時代は、終焉を迎えます。 英国が、スペインに勝利したことが、決定的になると、海賊は、歴史の表舞台から、葬り去られてしまったのであります。

 海賊の「英雄的な時代は、…(中略)およそ1550年から1713年まで、プロテスタント諸国が、カトリックの強国スペインに対して始めた戦いから、ユトレヒトの平和条約までの時期。」でありました。 

 この条約をきっかけに、英国はその後、カトリック王国フランスやスペインに対して、優位に立つことが、できるようになったため、もはや国家にとって、海賊の存在は、邪魔になってしまったのであります。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  西部邁師46。民主主義;『... | トップ |  愛詩tel by shig:濃縮還... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。