チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

 西部邁師46。民主主義;『公民』:チャンネル桜・瓦版、今は西洋医学を信じている医者自体が、いなくなっている

2016-10-16 09:41:16 |  西部邁師の論

  <西部邁師の論(46)。民主主義;『公民』のみが、政治参加の資格を持つ。 共和制を、担保するのは、国民の歴史感覚>

 ◇、公心と私心の2重性

 『市民』のことを、英語でシチズン、仏語でシトワイヤンといいますが、それらは、シティ(都市)に、戸籍や住民票を、登録した人々などという、意味では『ない』のです。 

 「シヴィル。」とは、「礼儀正しい。」ということですが、『礼儀』の体系は、どこから来るのでしょう?

 それは、『公共空間』のルール、マナー、エチケットから、ということになります。 

 「公共空間。」に入るためのチケット(切符)、それが、「エチケット。」の意味なのです。  

 市民の持つべき、パブリック・マインド(公心)を明示するために、『公民』(パブリック)という言葉を使うことにします。

 実際の市民が、プライヴェート・マインド(私心)をも、持つことは、言うまでもありませんが、政治という、公共空間に現れるとき、市民は、『公民』として、振る舞わなければなりません。 

 公民の言葉づかいのなかに、私心が、含まれることになるのは、当然のことです。 

 人は、誰であれ一面では、独個の『個人』(インディヴィデュアル・マン)であり、他面では、何らかの集団に帰属する、「集団人。」(コレクティヴ・マン)でありまして、そして、個人も集団人も、『私心』から、離れることはできないのです。

 そういう、制限がついた上でのことですが、人々が、『公心』を、表面にかかげてはじめて、国家にまとめ上げられるものとしての、「公共空間。」が、出来上がると見なければ、なりません。

 フランス革命の『権利憲章』における、「人および市民の。」という限定も、その「公民性。」をさしているのです。 

 「民間部門。」のことを、プライヴェ―ト・セクターと呼んで、パブリック・セクター(政府部門)と区別するのは、アメリカ流ですが、それは、『誤解』を招く言い方です。

 民間部門の基礎に、人々の『公心』が、据えられていなければ、政府が、まともな、公共部門になるはずも、ありません。 

 そして、人々に、『共通』の公心の出所は、となると、これまでの議論でも明らかでしょうが、住民にあっての『歴史』の流れ、それのもたらす、『慣習』の体系、そこに内包されている『伝統』の精神を、参照する以外にないのです、

 公心を生み出すのは、『伝統』精神を「判断基準。」に、しなければ、ならないでしょう。 

            (続く)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  PKシリーズ96。自律神経:... | トップ |  水野さんの知(9)。海賊と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。