チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 インフルエンザ・ワクチン殺人―予防効果はゼロ!:チャンネル桜・瓦版、朝日新聞を糺す国民会議

2014-11-29 00:10:41 | 病院へ行かない
   <インフルエンザ・ワクチン殺人―予防効果はゼロ!>

 ―ただいまと、笑顔で帰る日を思い、待ちいし命、再び戻れよと思う。

 インフルエンザ・ワクチン接種後、急死した中学生の我が子を思う母親の慟哭である…。

 1986年、埼玉県浦和市の当時中学3年生だった岡田誠君は、ワクチン集団接種後、容態が急変、死亡した。

 …それでも「ワクチンでインフルエンザが予防できるからねえ…。」と、つぶやく方もいるだろう。

 あなたはいまだ‟洗脳”が解けていない…。

 『インフルエンザ・ワクチンは打たないで!』(双葉社)と著書で訴えるのは母里啓子さん。

 彼女は元国立公衆衛生院・疫学部感染症『室長』という肩書を持つ医学博士。

 彼女は断言する。

 「ワクチンは効きません! ウィルスを学んだものの常識です。」

 その理由は「ウィルスの変化スピードが速くて、ワクチンが追い付けないから。」であり、「ワクチンが効いていると思っているウィルス学者などいない。」

 決定的報告もある。 「前橋リポート」である。

 ワクチンを売った地域と打たなかった前橋市で「インフルエンザ発症に違いはなかった。」。

 つまり、ワクチンの予防効果は『完璧』に否定された…。

 予防効果ゼロとは…!!

 「接種禍。」で命を落とした岡田君の両親など犠牲者の遺族の口惜しさは、いかばかりだろう…。





『ヒミツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  <突出する、ユーラシア文... | トップ |  ●緊急拡散希望 《選挙の争... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

病院へ行かない」カテゴリの最新記事