チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 ヒザ(腰・肩・足)関節痛(その2):チャンネル桜・瓦版、別に、宣伝費を貰っているわけではありません(笑い)

2016-09-15 21:25:52 | 腰痛・ひざ痛・脊柱管狭窄症

    <ヒザ(腰・肩・足)関節痛の解消法(その2)>

 第1のポイントは、

  大腿骨と脛骨の間を広げることで、これは難しいことではありません。

 春日式施術手法は、「運動代謝手法。」として、平成5年7月10日に、日本内科学会で、「生理的な神経・筋関連に修復し、骨格筋の能動性が増進される。」と「筋代謝力の大幅な向上がなされる。」ことを発表証明しましたが、これはリンの代謝が正常化に向かい、結果として骨繊維代謝が正常化されることになります…。

 そうなれば、大腿骨と脛骨のすき間が拡がり、再び軟骨が再生されます。

 本施術手法は、まず、このすき間再生から始め、軟骨の居場所を回復させます…。

 第2のポイントは、

 日常の動きでヒザ関節にかかる運動負担か軽減されるように、ヒザ関節と股関節、足関節の「関節可動面。」を揃えます。

 関節の動く範囲は、関節面の大きさで決まりますが、ヒザ関節の動きは、股関節と足関節との『連携』で行われていますので、本施術手法は、この連携を改善すべく各関節の骨際の筋肉を手技で伸ばします…。

 これにより、ヒザ関節を中心にした下肢の動きが効率的になり、歩行時にかかる負担が軽減され、痛みが段階的に解消されていきます。

 最後に第3のポイントとして、

 春日TT・AH施術手法が筋代謝力を、その人なりの最大値に向かわせ、筋持久力を平均運動耐性レベルで安定させることで、痛み『解消』に到達させます…。

 ヒザや腰・肩など、身体に生じる様々な慢性痛の解消には、筋肉の「代謝改善。」を図ることが必要であるということであります。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  西部邁師の論(39)。冒険... | トップ |  福沢諭吉の『脱亜論』:チ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

腰痛・ひざ痛・脊柱管狭窄症」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。