チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

 英国EU離脱;世界経済、リスク現実化:チャンネル桜・瓦版

2016-06-24 22:52:13 | 没落する欧州
    <世界経済、混迷の中に=「深刻なリスク」現実化-英国民投票>

 私は、かねてより、『欧州の崩壊』、「日本以外、全部沈没。」(筒井康隆)と何度もブログで述べています。

 英国の欧州連合(EU)離脱が支持を得たことで、世界経済の先行きに暗雲が広がった。

 2016年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)は首脳宣言で、離脱が世界経済の成長にとって「深刻なリスク」になると警告した懸念が、現実のものになろうとしており、混迷必至の情勢であります…。
 
 5億人の人口を抱える巨大経済圏のEUで、英国はドイツに次ぐ2位の経済大国であり、離脱なら国際社会への影響が大きく、「非常に、非常に悪い結果を招く」(国際通貨基金=IMF=のラガルド専務理事)と警鐘を鳴らしていた。

 投票結果を受けて、まず懸念されるのは金融市場への影響であり、先行き不安に駆られた世界の投資家が、リスクの高い資産からの逃避を加速させており、英通貨ポンドや欧州単一通貨ユーロは急落し、アジアや日本の株価も大幅安で、世界「同時株安。」(以前から、何本もブログにしている)の様相を呈してきた。

 実体経済への影響も避けられず、離脱すればEUへの輸出品に関税が課されるため、英国の製造業や農水産業は競争力を喪失します…。

 離脱派が、経済的な効果を期待する独自の自由貿易協定(FTA)についても、英国に有利な条件を認めれば他国が追随して離脱しかねないため、EUは厳しい姿勢で臨む公算が大きい。

 外国の銀行が欧州の拠点をドイツやフランスなどに移し、ロンドンの金融街シティーの「地盤沈下。」が進む恐れもあります…。

 離脱派は、「EUへの供出金が不要になり、規制もなくなるので英経済は繁栄する。」と訴えるが、IMFは、EUへの輸出減少で、そうした利益は吹き飛んでしまうと分析しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 日本『株式』「記録ずくめ。」下げ幅16年ぶりの急落:チャンネル桜・瓦版

2016-06-24 19:30:33 | 没落する欧州
   <日本株「記録ずくめ。」の急落、日経平均下げ幅「16年ぶり。」-英EU離脱派勝利 >

 前から、何回も「又聞き。」していた『株暴落』をブログで述べていましたが、「16年ぶり。」の下落というのは驚きましたね!

 6月24日の東京株式相場は急落し、日経平均株価の下げ幅はおよそ16年ぶりの大きさを記録した。

 英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱支持派が勝利、今後の欧州や世界経済、グローバル企業への悪影響が懸念され、リスク回避の動きが加速しました。

 日経平均株価は1286円(7.9%)安の1万4952円で、2014年10月以来の安値を付けた日経平均の下げ幅は、ITバブル期の2000年4月17日(1426円)以来の大きさ、下落率は東日本大震災直後の11年3月15日(11%)以来となった…。

 世界の金融市場が混乱に陥り、日本時間早朝は対ドルで上昇していた英ポンドも、1985年以来の安値へ急落しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 生き残るのは日本だけ。プラグマティズム:チャンネル桜・瓦版

2016-06-24 15:07:49 |   アメリカ経済・世界経済
      <生き残るのは日本だけ。プラグマティズム>

 今日、「世界は基本に向けて大きく変わるであろう。」と表されており、このことは、これまでの底の浅いプラグマティズムの弊害が様々な面で顕在化することでありましょう。

 つまり、これまでプラグマティズムでうまくやってきた国々が次々と没落しはじめるということだ。

 ところで、プラグマティズムとは、実用主義、道具主義、実際主義などと訳される考え方であります。

 経験不可能な事柄の真理を考えることはできないというイギリス「経験論。」を引き継ぎ、物事の真理を実際の経験により判断し、効果のあるものは真理であるとするもので、哲学上の諸問題を「非哲学的。」な手法で探求する思想と言える。

 つまり、底の浅いプラグマティズムとは、近代においては、イギリスからはじまりました。

 ヨーロッパにおいて、スペイン、ポルトガル、ドイツ、フランスなど大陸の諸国が次々と没落していったのに対して、イギリスの勢力がどんどん拡大していくいちばん大きなきっかけになったのは、大陸の人たちの「理屈っぽさ。」に比べて、いろいろと応用して、その場しのぎ、「出たとこ勝負。」で、現実に即してやるのがうまかったのである。

 そのイギリス的な場当たり主義をさらに発展させてきたのが、もともとはイギリスの植民地だったアメリカである。

 そして、イギリスのプラグマティズムをさらに徹底的したのが、アメリカであった。

 中国もまたアメリカと同様にプラグマティズムの国である。

 イギリスが勢力を拡大してきたのは、たかだか400~500年前からの話であるが、中国は、1千年以上も延々と、一見合理的にも見えるが、実は弊害の多いプラグマティズムを貫いてきた国である。

 1990年代初めに消滅したソ連・東欧圏というのは、イデオロギー主導の国家群だった。

 そういう意味で、1980年代までの東西対立は、東のソ連・東欧圏がイデオロギー主導型、西のアメリカを始めとする市場経済諸国がプラグマティズム型という、分かりやすい対立だった。

 現在は、西も東もプラグマティズム全盛となっている。

 だが外敵は見当たらなくなってしまった思想潮流は、ほぼ必然的に内部から崩落していく。

 その最大の前兆は、今や東西両陣営を導いているアメリカと中国がそれぞれのスタイルで、押しも押されもしない金健国家の東西両横綱になっているという事実だ。

 ここ数年のうちには、このアメリカ、中国がもはやどうしようもない行き詰まりの局面に直面するでありましょう…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 西部邁師(21)。『伝統』とは、「運ばれしもの。」の意味、その運搬具は『歴史』:チャンネル桜・瓦版

2016-06-22 09:31:31 |  西部邁師の論
   <西部邁師の論(21)。『伝統』(トラディション)とは、「運ばれしもの。」の意味、その運搬具といえば『歴史』であります>

 伝統と慣習は、どう違うのでしょうか?  慣習には、2つの特徴があります。

 1つに、慣習は人々の『意識』にさほど明確にのぼることはない。 (無意識的)

 2つに、慣習は人々の日常行動として観察しうる『実体』である。 (実体的)

 そして、慣習には、良習と悪習がありますが、『歴史』の経緯において『良習』を助長して、『悪習』は回避しようとする努力が、半ば「無自覚。」に繰り返されてきたはずであります…。

 その努力は、『実体』として示されることはめったにないのですが、人々の「精神の形式。」に組み込まれ、その形式こそが『伝統』と呼ばれるものにほかなりません。

 例えば『お茶』や『お華』といった我が国の物質的『実体』としての慣習には、他者との接触において礼節や美意識を大切にしようという、精神的『形式』(その中心には、「生の葛藤を総合するための知恵。」が示唆される)が内在しているということです…。

 その知恵を確認するためには、人は意識的でなければならないであろうから、『伝統』は(慣習とは逆に)「意識的。」かつ「形式的。」だということができます。

 伝統を「歴史の流れ。」のなかで運搬するのは『慣習』であり、その慣習がなければ人は『伝統』について意識する契機を失ってしまいます…。

 けれども、人の意識が環境に左右されるのは確かであり、したがって「慣習の擁護。」が「伝統の保守。」の前提だといっても過言ではないでしょう。

 たとえ『慣習』のうちに悪習が含まれていたとしても、それが『偏見』を培養していても、どんな判断も「予めの判断。」を前提しています…。

 つまり、「予めの判断。」がどこからやってくるかというと、『慣習』からだ、といわざるをえません。

 そして、「慣習的な偏見。」なしには、意見を組み立てることすらできないという意味で、人間は、否応もなく『過去』に縛られているのであります…。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 病気の原因は、身心のストレス:チャンネル桜・瓦版

2016-06-22 09:21:20 | 病院へ行かない
        <病気の原因は、身心のストレス>

 病気のほとんどはストレスによって生じるということです。

あまりに単純すぎて、多くの人はここに生命の本質を見ようとしません。

代わりに余計なことを考え、病気をむずかしく解釈し、かえって病気になる人が「増える。」ようになりました。

 これまで重視してきた免疫や自律神経に加えて、活動エネルギーを生み出す細胞の働きに注目してみましょう。

 私たちは60兆ある細胞の中に、性質の異なる2つのエネルギー工場を持っています。

 このエネルギー工場をうまく使い分けることで、人間はここまで進化してきたわけですが、じつはこの細胞のエネルギー系にこそ、人が『病気』になる決定的なカギが隠されていたのです。

 人が病気になる原因を2つに絞り、ストレスと呼んできたものを、さらに具体化することで、2つの原因が浮かび上がってきたといっていいでしょう。

 この2つの意味さえ分かれば、医者に必要以上に頼らずとも、自分自身で病気になった原因がつかめるようになります。

 もちろん治すための対策も見えてくるでしょう。

 ガンを恐れる気持ちも薄らいでいくはずです。

 私たちの生命は、人体の様々な働きの微妙なバランスのもとで成り立っています。

 病気になることも含め、そこには深い『知恵』が宿っています…。

 これまでの医療には、そうした視点がありませんでした。

 目の前の病状ばかりに着目(対症療法・モグラ叩き)し、肝心の生命の世界が置き去りにされていたのです。

 人類はついにガンすらも克服したのです。 すべての病気を回復さるための答えが見つかったといえましょう…。

            (続く)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加