チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

 毛沢東は日本軍と共謀していた:チャンネル桜・瓦版、9割の医療は、慢性病には無力、病気を悪化させて死なしている

2016-09-28 19:38:30 | 大東亜戦争
   <毛沢東は日本軍と共謀していた遠藤誉(えんどう ほまれ)氏 >
 
  中国共産党はこれまで、抗日戦争の柱石であると宣伝してきました。
 
 しかし最近、日本の中国研究者遠藤誉(えんどう ほまれ)氏が、毛沢東が抗日戦争中、日本軍と裏で通じ合い国民党軍の情報を漏洩していた事実を暴露した『毛沢東 日本軍の共謀した男』の中国版を出版し、注目を集めています。

 遠藤氏は、アメリカ国家記者クラブで新著『毛沢東 日本軍の共謀した男』の中国版を紹介しました。
 
 同書は、中国が抗日戦争を戦っていた時、毛沢東が潘漢年(はん かんねん)を日本外務省の出先機関でスパイ機関であった上海の「岩井公館」に派遣して接触させ、停戦を求めるとともに国民党軍の情報を漏洩し、国民党に代わって自分が天下を取る目的を果たしたと指摘しています。

 東京福祉大学特任教授・遠藤誉氏:「(当時上海副領事だった)岩井英一(いわい えいち)が著した『回想の上海』を熟読して、潘漢年が岩井に対して、中国共産党軍と日本軍の停戦を求めていたことを発見しました。
 
 本当に驚くべきことです。 中華民族に対する裏切りではないでしょうか。」

 遠藤氏はこの日本側スパイの回顧録と毛沢東の記録を精査して、毛沢東が日本軍と秘密裡に共謀し、中華民族を裏切っていた事実を暴きました
 
 歴史学者の辛?年(しん こうねん)氏は、中国共産党が抗日戦争における第二の漢奸集団であったことが同書で暴かれたと言います。

 
 歴史学者・辛?年氏:「(元国家主席の)胡耀邦(こ ようほう)氏はかつてテーブルを叩いて、我ら共産党の歴史を人民が知ったら、人民は我々を倒すであろう、と叫びました。」

 西洋の学者も、強大に見える中国共産党のその内側は実は非常に脆弱であると考えています。
 
 中国共産党統治の合法性を保持するために、歴史の真相を隠し歪曲していると指摘しています。

 香港大学法学部教授・戴大為氏:「中国共産党の行動規範は、主に抵抗に対する恐怖に基づくものです。
 
 これほどまでに強大な権力を持っているのに、なぜこんなに弱いのでしょうか。
 
 その歴史を振り返れば、政権の合法性に問題があることが分かります。」

 学者は、歴史に対して真摯に向かい合うことで初めて中国に未来が訪れると指摘しています。

 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 優秀ブログ;ちゃとら:在日ソフトバンク、ついに倒産秒読みへ:優秀ブログの拡散を、提案いたします!

2016-09-28 11:13:54 | 脱亜(中国・韓国)

   <優秀ブログ紹介;ちゃとら:在日ソフトバンク、ついに倒産秒読みへ!> 

 (是非、アクセスしてお読みください)

 ソフトバンク、超危険な経営状況…巨額買収連発で、莫大な減損リスク、有利子負債は13兆円

 ソフトバンクグループ(G)は、英半導体設計専業のアーム・ホールディングス(HD)の買収(3兆2000億円)を9月5日に完了。

 ソフトバンクGの孫正義社長は、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(モノのインターネット)時代の覇者を目指すとする。

 買収を発表した翌日の7月19日、ソフトバンクGの株価は一時、前営業日(7月15日)比678円(11.3%)安の5329円まで売られ、2012年10月12日以来の下落率となった。

 孫氏の“お家芸”である巨額買収に、市場は強い懸念を示したわけだ。

 ソフトバンク経営危機報道が解禁となり、超危険な経営状況が事細かに報道されることになりましょう…。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 死ぬ(35歳)まで、無類の「大食漢。」だった正岡子規:ウォール街の誤算。「ヒラリー退場」による超円高・株暴落は起こるか?

2016-09-28 10:53:07 |  『空腹』が最高の薬

 <死ぬ(35歳)まで無類の「大食漢。」だった正岡子規、ガリガリに「痩せて。」死き(しき・子規)>

 その男の肖像を見たときの記憶は忘れ難い。

 坊主頭の横顔。 蒼浪として沈んだ表情。 「子規晩年の肖像。」とある。 そして「29歳。」と続く。

 29歳…!? それで晩年とは! ただ絶句して松山の正岡子規記念館の写真に見入ってしまう…。

 ●「食い過ぎて、食後吐きかえす。」(『仰臥漫録』)

 九月八日 晴 午後三時頃曇 暫くして又晴

 朝 粥三椀 佃煮 梅干 牛乳五勺ココア入り 菓子パン数個
 昼 粥三椀 松魚のさしみ ふじ豆 ツクダニ 梅干 梨一つ
 間食 牛乳五勺ココア入り 菓子パン数個
 夕飯 粥二椀 焼鰯十八尾 鰯の酢のもの キャベツ 梨一

 ほとんど毎日がこんな調子である。それにしても子規の食欲は大変なものだ。

 子規は、食後に、一度に菓子パンを10数個、柿や梨なども10個前後も貪る大の甘党あった。

 この糖分の異常なまでの過剰摂取が、脊椎カリエスという業病を若き天才にもたらしたのだ…なぜか!?

 とりわけ白砂糖は、砂糖黍からの『黍糖』からミネラル分、ビタミン類などを取り去って精製するために“エンプティ・カロリー(空の熱量)”と呼ばれる…。

 この“空の熱量”を燃やすと、大量の酸性物質が生成されて「体液酸性。」となり、進行するとやがて死にいたる。

 それを防ぐため、その酸性を中和するために骨からのカルシウム・イオンが使われる…。

 すると全身の骨格はスカスカに脆くなり、そして病原菌に侵され始め、これがカリエスである。

 死ぬまで、『大食』を続けた子規は、もはや立つことすらかなわず、病床に伏せった日常において、『仰臥漫録』(日誌)を表し、その大食ぶりを綴っている…。

 子規は病床で、ときに業苦に悶え、呻吟し、絶叫する。

 その頬を伝う涙は、栄養学に対する『無知』から生じたものである…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 ブログ・株式日記と経済展望;式典で倒れたヒラリー・クリントン候補:優秀なブログの拡散を、提案いたします

2016-09-28 10:27:43 | 病気のアメリカ

 <ブログ・株式日記と経済展望;9.11追悼式典で倒れたヒラリー・クリントン候補>

   (優秀なブログの拡散を、提案いたします)

 パーキンソン病ならば、大統領職の執行などできないということは、医療の保険行政を担当したこともある本人は分かっているでしょう。

 ヒラリー・クリントンの壮絶「闘病」生活

 公表されているだけでも、以下の8つです。

(1)2005年1月:スピーチの最中に気を失った。

(2)2009年6月:自宅で倒れ、肘を骨折した。
(3)2012年12月:自宅で卒倒(concussion)した。
(4)2013年1月:側近が「クリントン氏はしばしば、言動が混乱(confused)する」と報告。
(5)2016年2月:側近に両脇を支えられ、自宅の玄関の階段を上る姿が写真に撮られている。
(6)TVの対談で首を大きく振り続ける。医師から、Tremor(病的痙攣)ではないかと観察されている。
(注)30歳の若さでパーキンソン病になった俳優のマイケル・J・フォックス(映画『Back to the Future』)の表情に共通なところが見えるのです
(7)2016年8月6日:スピーチの最中に、目が泳いで固まり(freeze)、側近が走り寄って支えた。
(8)2016年9月11日:9.11の追悼式典を途中で退席し、迎えの車が到着した直後、意識薄弱になって卒倒するかのようにグラグラと頭が動いた。医師がカバーするように支えて、車に押し込んだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 驚くほどの反日国家・ドイツ:アメリカの死亡原因第1位は、医原病や医療システムによる78万人!

2016-09-28 00:31:54 | 没落する欧州

     <驚くほどの反日国家・ドイツ>

 多くの日本人はドイツのことが好きで、またドイツも親日的な国家だと思っているかもしれまません…。

 ところが、ドイツが驚くほどの反日国家であり、国民こぞってそうだということを、日本政府をはじめ外務省はきちんと把握していたでしょうか??

 BBCが2014年に行った『日本に対する好感度』の世論調査の結果、「日本が嫌いだ。」という子には、中国がダントツで90ポイント、次いで韓国が79ポイント、3番目が意外なことに『ドイツ』で46ポイントとなっているのですよ…!

 なぜなのか?と疑問を覚える人も少なくないと思いますが、その理由は、

 第1に、「ナチス犯罪。」を歴史的に抱えるドイツは、自らの戦争犯罪を日本にも期待し、“犯罪の同伴者”でいて欲しいという心理がある。

 ナチスによる“歴史の大罪”は、とてもドイツ人だけでは背負いきれない…!

 日本には「ホロコースト。」はないんでとんでもない言いがかり、五人ではあるが、何としてでも日本も“戦争犯罪の同伴者”に繋ぎ止めておきたいという「深層心理。」がある。

 第2に、第1次世界大戦では、日本はドイツの敵国となり、ドイツが『唯一』保有していた太平洋の『利権』である山東半島とマリアナ諸島を日本に奪われたことを『恨み』としている…。

 日独防共協定が締結された後にも、ヒトラーは蒋介石の国民党を支援していた史実からも、その点が窺えるでありましょう。

 第3に、1980年代に経済大国の看板を日本に追い抜かれたこと。

 兄貴だ思っていたのに弟分にしてやられた口惜しさ、これが一番の理由かもしれない…。

 というのですよ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加