KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」              <當麻大伯堂><わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

匂いのある詩

2017-07-31 09:34:29 | 
何もしないでいる月曜日、と決めたが、好きな詩を紹介します。短いですがはじめて読み終えた時からずっと今日まで匂いの消えない詩です。気配が薄れない詩です。作者は萩原里美氏、彼女の個人詩誌「果樹園」11号(2014.08)から

        柿明かり

    夫人は夫の帰りを待っていた
    帰りが遅い理由を知っていた

    柿の木がたくさんある旧家
    まわりの家々の明かりが消えると
    熟した柿が灯って
    夫の帰り途を照らしはじめる


ちょっとミステリアスなこの詩の「熟した柿」の明るさはぼくを想像の世界に誘ってくれます。次の文はついこの間ぼくが書いた中から

   これほど作品のまわりを散策させてくれて、飽かずに覗かせてくれる詩人は
   今少なかろう。これほど作品の味を深くながく楽しませてくれる詩人は今少
   なかろう。作品には手垢をつけない。姿も見せない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戻り梅雨ですって! | トップ | 詩・・・「幻を書く」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-08-01 08:24:17
森本薫の「照柿」を思い出してしまいました。
分厚い本を暑苦しく読んでいました。
内容も、熱かったです・・・・

でも、説明をしないこの詩の凄さ、私にも伝播してきます。

伝わりましたか! (tefutefu)
2017-08-01 10:06:27
手垢をつけない、とは説明しない、ということです。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事