KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」              <當麻大伯堂><わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

すっぴんさん

2017-06-16 10:23:56 | 苗と月
ながいながい梅雨の入り休みです。一帯の田んぼでは田植えが終わって、ひ弱そうな苗がたっぷり張られた水の中で育っています。どこを歩いても溜池から張り巡らされた水路を流れる水の音が聞こえます。ありがたい音ですね。



連日の爽やかな朝のおかげで、毎朝すっぴんさんと微笑みを交わしています。7時過ぎに二上山の上にいる「すっぴんさん」です。すっぴんの姉さま、お疲れさま。また夜に会いましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球 | トップ | 馬券は楽しむもの・・宝塚記念 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ズー)
2017-06-17 08:08:03
田園風景、いいですね。
藤原正彦さんでしたっけ?田園風景の美しい所に数学者が育つ、とか言ったのは、たしか「国家の品格」で読んだような気がします。
田植え直後から苗が20㎝位に育って、まだ水がのぞいているくらいが気持ちがいいです。
田園の風に吹かれていると、原始的な喜びが体に眠っているのを感じます。
それが言いたかった (tefutefu)
2017-06-17 11:33:16
「原始的な喜びが体に眠っている」
ズーさん有難うございます。
それが言いたかった!
「国家の品格」読みます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。