KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」              <當麻大伯堂><わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

二上山登山

2017-05-14 21:28:16 | 健康
      

花粉受難明け、二度目の二上山登山でした。9時半出発、曇り空から夏の日差しが指して来てすぐに汗が吹き出してきた。山の木漏れ日は色々な表情を見せてくれて楽しいです。町での木漏れ日とは違います。ちょうどヤマツツジが見頃でした。ピンクの小振りの花は山の少女ですね。雄岳山頂の大津皇子のお墓から馬の背を通って雌岳山頂へ、視界はこっちでしか楽しめないので、あちこちで弁当を広げていました。

      

馬の背から一度下ったけど調子がいいので、以前から思っていた祐泉寺の左側のコースで再アタック。これにはもうひとつ理由があったのです。受難休養と先日の飲み食いでゆるんだ身体と脳ミソを締めるためだった。ぼくが40年前、当麻寺に寄ってから登って竹内峠に出たのはこっちのコースだっった。シダの坂道がその日のことを思い出させてくれた。このコースは野趣に富んでいて面白い。13時下山、たいま温泉でクールダウンならぬホットダウン。いくらか身体も脳ミソも締まったようだ。競馬はスカンを食ったが、ソロソロ予想は脳ミソがゆるんでいたせいだろう。と言うことで・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソロソロ予想の猛省 | トップ | 「街の夕陽」と「町の夕日」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ズー)
2017-05-15 09:46:45
登山もやるんですね、嬉しいです。
私も昔の山ガール♪
もう険しい所は行けませんが、気持ちだけは山ガール。
散歩は、舗装された低山が定番です。
山歩き程度です (tefutefu)
2017-05-15 12:58:42
地上に瘤ができたぐらいの山歩きです。昨日も多かったですよ山ガール(昔の・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む