KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」              <當麻大伯堂><わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

「街の夕陽」と「町の夕日」

2017-05-15 21:07:42 | 独り言
この頃「街」という漢字を使うことに抵抗を感じている。なんか自分にはしっくりこないなって思うようになっている。おそらくはじめて「街」を使った時はお洒落な感覚で使ったんじゃないかと思う。都会と田舎を区別していたかと思う。視覚的にも「町」よりも「街」の方が賑やかだ。しかし「衛」にも似た「街」には囲われた閉塞感がある。それに比べて「町」には自由に行ったり来たりできるような空間がある。「街」か「町」かはその人の住空間に対する認識の仕方によるかもしれない。
また、「陽」よりも「日」の方がいいなと思うようになった。この「陽」も最初はオシャレで格好いいと言う感じがあって使っていたかと思う。「夕陽」「夕日」、「陽差し」「日差し」、シンプルで「日」の方が安心感がある。「街の夕陽」と「町の夕日」の違いだろう。西岸良平の漫画の「三丁目の夕日」は「三丁目の夕陽」では不釣り合いであろう。
自分が今まで使ってきた漢字を改めて検証してみようと思う。年齢もあるだろう、環境の変化もあるだろう、あれこれ使い分けるのも面倒くさくなったこともあるが、シンプルで易しい漢字のほうが楽でいい。ひらがなの方がもっと楽でいい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二上山登山 | トップ | やまとしうるはし(大和し美し) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ズー)
2017-05-16 08:42:40
「わたし」と「私」、に私はこの頃感じます。
でも「自分」を「じぶん」とは言わないなあ。

漢字の使い方、ひらがな・カタカナの使い分け、おもしろいですね。
文字は記号だと思うけれど、使い方によってはイメージそのものになって、どこかの誰かを元気づける、そういう詩がたくさん読みたい。
納得ですね、「じぶん」とは書かない (tefutefu)
2017-05-16 10:49:27
「わたし」と「私」はその時の気分とかタイミングで迷うけど、「自分」はいつも「自分」ですね、面白い。
わかりやすい言葉で書く、どう上手く組み立てるか、ということよりも、ぼくは文字がイメージを貼り付けてくれる、こっちの方を優先させます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む