KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」              <當麻大伯堂><わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

我がユートピアにて

2017-07-23 23:02:37 | 日記・エッセイ・コラム
今日も午後は別荘で過ごした。そこでテレビを見て(ぼくはテレビを持っていないので)秋田の水害のひどさに驚いた。またしても水の力の凄さを知らされた。
他所で大きな災害が起こっても、ここは大丈夫、うちはそんなことはないと思っている人がいるだろう。明日は我が身とはいいながら、自分だけは生きのびると信じている。でも神の怒りは無差別だ。自然の力にはかなわないと、覚悟して置かなければならないと自分に言い聞かせた。
昨日のついでに我が別荘、「ゆうあいステーション」を紹介します。

                 

今日も素敵な詩行に出会いました。「手」という詩の最後の一行です。

  ”手はかるく夢を包む蕾になっている“

作者は菅沼美代子氏です。宝石のような言葉をありがとう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 或る詩的体験と我がユートピア | トップ | 何もしないでいる »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コロッケ!!)
2017-07-24 09:26:05
3個で130円!
移住したい!

夢は軽く包んだ方がいいのに、力いっぱい握りしめちゃうから、逃げられるのかな(反省)
つぶれちゃうのかな? (蕾)
2017-07-24 10:15:18
安いでしょうコロッケは晩ごはんのおかずに持ち帰りにしてもらったりします。
ごちゃごちゃの本棚 (kyuuko)
2017-07-24 17:43:43
いいなあ、ごちゃごちゃの本棚って。
古本屋でなにかおもしろい本ないかなって探す気分かな。

水害の原因を作ったのは人間、異常気象を作り、自然の水脈を無視した開発。
ちょっとだけ借りた土地はまた数十年で森に還るがゴミだらけ・産廃だらけの土地は・・・。
恐竜と同じ運命をたどらないように、ちょっとづつでも気を付けて生きよう。
一度味わった贅沢は・・・ (tefutefu)
2017-07-25 13:21:12
人間ってそんなもんかもしれないねえ・・・楽の味から離れられない。

ごっちゃ・・いいでしょう。一棚に二列、奥の本を見るのに面倒ですが、やってみると楽しいもんです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む