KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」              <當麻大伯堂><わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

やまとしうるはし(大和し美し)

2017-05-18 00:32:37 | 健康
      

仏様にお供えする果物を道の駅まで行って見てこようと家を出てすぐに、踏切が下りてしまった。っと「そうだ飛鳥行こう」とスイッチが入れ替わった。「そうだ京都行こう」のJRポスターのパクリでお供え物は明日にして、そのまま電車に乗った。もうこの精神状態は3ヶ月の花粉受難の反動でしかない。薄い曇り空でさほど暑さも感じずに、ときどき吹く心地よい飛鳥風に涼を感じながら、飛鳥駅→高松塚古墳→石舞台→飛鳥川沿いを甘樫丘まで歩いた。広い明日香村の丘陵の<うるはしき>緑に言われているようだ。「そんな嬉しそうな顔するなよ」

    

甘樫丘に登る<万葉の植物道路>が楽しくていい。木の側に「この木の名前は」という札が立ててあって目隠しがしてある。その目隠しをめくると答えが書いてある。このクイズは道々の楽しみになった。甘樫丘からの眺望は<うるはし>の一言に尽きる。まさに「衣ほすてふ天の香具山」である。畝傍山のはるか後ろには金剛葛城山系の北端、我が唯心の浄土二上山が見える。ぼくはこの眺望が大好きだ。ここから二上山を見るたびに今ここに居る自分が、まだ信じられない。ひょっとしたらぼくはまだ夢心地でいるのかもしれない。昔登った時には夕方4時だったか、下から「平城山」(ならやま)のメロディーが上がってきて、その時の感動が今も消えていない。帰りは橿原神宮まで歩いた。明日は夢から覚めてお供え物を買いに行こう。

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「街の夕陽」と「町の夕日」 | トップ | 詩画・・月見る月 [港] »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ズー)
2017-05-18 14:10:25
KAZUさんのおっしゃる通りの景色ですね。
好きな所で好きなことができて、羨ましい。

万葉は難しい・・・解説を読まなければ全く意味が解らなかったです。
海ゆかば水漬く屍、山ゆかば苔むす屍(うろ覚えです)の時代にも、人々は恋をしたのですね。
「平城山」は高校生の頃音楽の時間に合唱したら、先生が「君たちこの歌心がわかるのか」と驚愕していたことを思い出します(先生は禿でした・・・・)
好きなことできて感謝です (tefutefu)
2017-05-18 16:45:55
ぼくも「平城山」の切実な歌の意味を知った時、すごい歌なんだと思いました。いいメロディーです。
♫ 海ゆかば水漬く屍、山ゆかば苔むす屍 ♫ 酔っ払うとアカペラで歌ってましたなあ、若い頃。やはりぼくは破滅型ですか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む