KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」              <當麻大伯堂><わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

詩・包帯

2017-03-15 21:10:01 | 
    包帯              

恥ずかしい と言ったのか
かすかに聞き取れた言葉を解こうとして
おれは明るい窓際に寄った
あんたは天井を見ている
そこに阿騎野の空が映っているか

同じ空の下にいるのに
あんただけが
いつも窮屈そうにしている

おれたちは普通に生活をして
スーパーマーケットで
野菜の鮮度の悪さに納得しあい

それから小さな旅行にも出た
古めかしい路地ではしゃいで
美味しい店を見つけ
おれたちは昔は何であったのか
おれは魚と言い
あんたは
ツチノコと言って笑いころげた
誰にも見られたことがないからと

あんたの好きなロックコンサートに行った帰り
人ごみの中で血の気の引いていったあんた

ちょっと目を離したすきに
あんたは何処まで行きかけたのか

おれは窓のブラインドを下ろし
布団の中に隠している
あんたの手首の包帯に触れた
目を合わそうとしない 
恥ずかしいと言った小さな拒絶

包帯が 
墨染の空に向って
するするするするとほどけていく

目を離したすきに
さよならあ 
と 手をふるように

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万葉趣遊・詩 丑三つの踊り | トップ | 詩・週末の選択 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
♪♪ (ズー)
2017-03-16 08:39:40
BGMは「神田川」、で読みました。

もうちょっと、しゃれた音楽を思い浮かべたいのに・・・

頭の中で旋律を伴う詩は、私にとっては好きになったんだと思います。
多分、情景を浮かべられたのです。

言葉の意味が分からないと、文字の羅列、(普通の人はそういうもんじゃないでしょうか)

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事