オモロイ英字新聞

信号で青はgreen、黄色はorange。知ってました?英字新聞には、オモロイ言葉、アッと驚く情報が。挑戦しましょう。

英語で脂汗-東大教授 // volatility?

2017-05-14 16:08:58 | Weblog
< 海外の学会に出るのは苦痛。発表だけならまだしも、質疑になると脂汗…。今朝0700前、NHK第一の「著者に聞く」で、「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」の川上和人=引用はチョー正確ならず。正直な方だ。こうした点を明かしたら恥ずかしいだけ。たいてい知らぬ顔のナントカのはず。Amazonで見ると、飾らない著者らしい。オモロイ、さっそくファンに、などという感想が並ぶ。かく言うオジサン、practicalな体験はごくわずか。大きな口は叩けない。

これは既報 →→ レッキとした東大教授が、30代で一年間滞米したさい、英語で悪戦苦闘したことを告白している=99年刊・文春新書「東大教師が新入生にすすめる本」p.241。読む者に勇気を与えること、間違いなし。オススメ。p.s.冒頭の川上氏、東大農学部卒とか。皆さん、ご安心を。>

▽ お騒がせTrump、少し前、3日NT・6面にこんなのが。見出し、写真説明はタメになりますねぇ。① ~ ③ 常連ばかり。スイスイの方はT800近いのでは。どうぞ昼寝を。

大見出し →→ Trump's ①volatility in Asia distresses a U.S. ally;Australia  そして次は。

What might America drag Australia into? That's a very ②scary thought for Australians. 歴史上、双方にどんなことがあった、か。

Australia and American troops fought ③side by side in every in major conflicts since world war Ⅱ.

①にこんな例文が。The goverment's policies of divide and rule have only contributed to the volatility of the region.

②では。The book is both scary and funny.

③ では。Local citizens worked side by side with emergency crews….



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お初? ouster、out of the blue | トップ | 復習デス The case is closed. »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。