オモロイ英字新聞

信号で青はgreen、黄色はorange。知ってました?英字新聞には、オモロイ言葉、アッと驚く情報が。挑戦しましょう。

歴史のホント // come undone、evangelical

2017-04-23 15:05:24 | Weblog
<(『この世界の片隅に』で、我が愛するブログの言い分。頷きます。思い当たるところが。↓↓)

われわれの日常には、皆が「そういうものだ」と感じている決まりごとがたくさん存在する。そういうことは、いちいち書きとめられることがないので資料として残らない。それとは別に、美化やデフォルメが加わった「次世代に語り伝えたい歴史」が幅を利かせる。日本を肯定したり、批判したりするために、過去を捻じ曲げる手合いも居る。まあ、そういうものは得てして嘘くさく聞こえるし、時間がたつとボロが出てくることが多いよね。敢えて誰が、とは言いませんが。

→→ 商社・双日の吉崎氏が22日、自らの「かんべえの不規則発言」で。オジサン、作品を一切見聞していない。でも、耳が痛い。曰く。「ホントのところは資料に残らない。捻じ曲げる手合いも」。>

▽ 最近の忘れ物から。すべてスイスイならT800超す(でしょう)。

・Why do shoelaces come undone?=22日NT・8面。
 Your zip is undone at the back.これで了解しましょう。

・evangelical roots of post-truth=18日NT・14面。
 はやりのpost-truthはともかく、evangelicalは紙面の常連。なぜか、positiveに使われない。あるnet辞書には「最悪の愚衆扇動家」「福音主義の山師」などが見える。ご用心。

・Understaffed for big taxjob=16日NT・15面。
 税金で大仕事があるのに、スタッフ少数。undoneと同様、難しいねunderstaffed。

・sink in tandem=3日16面。
  in tandem →→ together or alongside each other
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  「007は二度死ぬ」原題は//l... | トップ | 「恋に落ちる」どう表現?  »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。