AutoCampでBBQ!!

“趣味な車で家族とオートキャンプしてBBQ!! がしたい男” のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

94y T4 ユーロバン (ヴァナゴン) ステアリングラック交換 その2~

2011-05-08 15:56:45 | T4ユーロバン
前回、固くて外れなかったタイロッドを外しました。





ネジロックが効いていて強烈に固かったです。

それと、S/Tシャフトと連結するスプライン部の傷も修正しときました。



これで、ようやくリビルトステアリングラックの下準備が整いました。


●ステアリングラック車体へ組み込み



・取り外しで要領を得てるので、すんなりラックを載せれました。

・油圧ラインのOリング(1H0422999 2個)が入荷していたので今の内に忘れずに交換。



・古いOリングは、やはり変形し、硬化しているので交換しといて良かったです。bowwoweddieさんアドバイスありがとうございました。


●S/Tシャフトの接続

・やはりユニバーサルジョイントとスプライン部の接続は結構キツイです。力を掛けにくいのでやりにくいです。

・無事スプライン部の接続が出来たものの、スプラインの“逃げ”とジョイントのボルト穴がずれた為やりなおし、、

・多少の融通は利くと思ってましたが、1山でもずれるとダメの様です。

・苦労して嵌めたジョイントを外し、2回目のトライ。が、また、ずれる。。でも、もうスプラインの接続は慣れました。



・スプライン部の“逃げ”と、スプライン部に組み込んだ黒いプラスティックカバーの突起、ラック本体の2つの突起をきっちり合わせる事。(画像左の上下がラックの突起で、真ん中がカバーの突起)

・作業中は“逃げ”が見えないので、突起が目安になり、ラックのセンター位置も分かる。


これで、完成への難関はクリアしたと確信したものの、ここでまた問題が発生・・・!


3回目は合わせれるだろうと思い、ふと、一度ラック本体の固定ボルトを合わせてみたんです。・・・が、

ボルトが入りません!

ラックのマウントブッシュのカラーの大きさが小さいんです。

このままでは、どうしようも無いんで、またラックを降ろします!!

今日の作業が“水の泡”でございます。。。

幸い、慣れたもんでラックは簡単に載せ降ろし出来る様になりました・・・。



画像上が古いラックで、穴が大きい。下が新ラックで穴が小さい


また、やる気が失せましたが、

しょうがなく、古いラックのブッシュと入れ替える事にしました。





ブッシュを取り外したものの、

古いラックのブッシュは取り外し時に、だいぶ千切れたりしたんで

古い部品を使わず、新品を手配する事にして、今日の作業は終わりにしました。

部品入手に時間が掛かりそうなんで、しばらく中断して、

次回は、その他の事をやる事にします。














ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 94y T4 ユーロバン (ヴァナゴ... | TOP | 94y VW T4 ユーロバン (... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL