小学4年生・ツン坊とインコ・太郎(メス)、金魚の一日。

イラストレーター野田節美の徒然日記。
たまに、仕事も載っけております!!!
ツン坊とインコの太郎、金魚の一日。

抱っこ。

2016-10-17 08:33:59 | Weblog
週末が終わりました。

昨日の日曜は朝から「舞祭り」というイベントにツンがチアで出場するので、朝から外。
この昼間の時間の流れの遅いこと、遅いこと。「エェッ!まだ12時17分?!」「何時かなぁ〜、エェッ!まだ12時45分?!」「フゥ、疲れた。エェッ!まだ1時13分?!」と、いつ時計を見ても12時、1時くらいで、心の中では3時くらいかなと思っていても、いつだって昼。長い長い一日だったわぁ〜。
砂埃が立つグラウンドで、スニーカー、レジャーシートは砂だらけ。洗濯をしたいけど、今朝は雨。ぼんやり。

ノノカの妹、2歳児のヨウカ。
この少し人見知りの可愛い子を抱っこしたい欲求を持ち続けているのだが、すぐ泣くのでいつも地団駄を踏んでいる。で、昨日、トモちゃんが勝ち誇ったようにヨウカを抱っこして歩いてきた。くやしい...。私も抱っこしたい!最近、少しずつヨウカと私の距離が縮みつつあるので、今かも?!と、食いしん坊ヨウカの耳元で「たこ焼きを買いに行かないかい?」と、不審者ばりに囁いてやったら、「ヨウカ、たこ焼き食べる」と言ったので、今だ!と手をつなぎ買いに行った!
そして、たこ焼きは売り切れだったのでクレープを買うことに。車内販売の高いところでクレープを作っているので「ほら!クレープ作ってるのを見ようか!」と抱っこ!抱っこしたった〜〜〜!!!!そして、ヨウカにクレープを渡して抱っこしたまま戻ってきたった〜〜〜〜!!!!
食いしん坊なヨウカは、クレープの魅力に負け、抱っこされてることに気づかないようだ。しめしめ。
ヨウカの重さと『抱っこした嬉しさ』をヒシッと受け止め、心地良い腕の疲れを感じたのでありました。
うふふふ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダーニングで復活。 | トップ | 太郎の卵との別れの時期。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む