小学5年生・ツン坊とインコ・太郎(メス)、金魚の一日。

イラストレーター野田節美の徒然日記。
たまに、仕事も載っけております!!!
ツン坊とインコの太郎、金魚の一日。

シュッと、スッと、フラ〜っと、サラっと。

2017-06-19 08:51:25 | Weblog
土曜の夜は、保育園時代の仲間が集まり飲み会。
1年に1、2回の集まりで、久しぶりに会う子もいて、口に出るのはやはり「大きくなったね〜〜」ですね。
5年生になると急に背が伸びるのね、ってくらいにみんなシュッとなっていて可愛い、可愛い〜!
相変わらず、久しぶりに会うのにスッと馴染む子供達。このままの調子なら思春期も上手く乗り越え、会い続けることになるでしょう。

気づけば深い夜になっており、それぞれが帰宅したのでありました。


日曜は、海外赴任の友に荷物を送るために梱包作業。
ツンたちは竹下通りに連れて行ってもらったため、大人たちで。
すっぴん、雨によるボサボサの髪で近所にフラ〜っと行ったわけで。途中、五根液という中国の高級酒が振る舞われたのですが、それがアルコール度数が53度で、喉が焼けるようでした。大さじ1杯ぐらいが入る小さなグラスで3杯いただき、そのお酒の飲み口はサラ〜っとしていてヤバいお酒でありました。

その後、子供たちを迎えに渋谷へ。
とうとうここまで来たか。すっぴん、ボサボサで渋谷にいる私。すっぴんによる遠出は下北沢まではあるが、渋谷まで足を伸ばしてしまった!!
とうとう、とうとう渋谷をすっぴんで!落ちたもんだよ、私。スイカも忘れたので切符なんぞを買って。
渋谷から駅に着き雨の中をトボトボ歩いていたら、駅前でタクシーに乗る人が。阻むわぁ〜道を阻むわね〜と思ったら、そこに乗り込もうとするサワちゃんたちが!
「一緒に乗ってく?」と言われましたが、自ずとタクシーの助手席に乗ることになるので遠慮しました。
車窓から手を振るノノカが、私たち今から歩くべき道をス〜ッと走って行き、曲がるべき角をサ〜っと曲がって行くのを涙を流しながら見送りました。
道すがら、「今頃、ノノカは家に着いてるのだろうね」と呟きながら...。

長い週末でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 割れちゃうのよね〜。 | トップ | 反省と「ちくわ」。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む