五人なので五人衆なんです。

五人衆のこと、メンバーのあれこれを徒然なるままに綴っていきます。

ディランはディラン。当たり前だけど。

2016年10月17日 20時32分20秒 | 日記
ディランがノーベル文学賞。

ニュースで取り扱われるときに「ボブディランさん…」とか紹介されてるのが寒々しくて。笑えて。「突然、さん付けかよ」みたいな。

自分がディランを初めて聴いたのは中3のときで、

その頃の自分は、「その人の作品の初めから聴かねばならない」みたいなツマラナイポリシーがあって、ファーストアルバムを買ったわけで。



で、これを聴いた感想が、

「へたっぴだな、この人。全部の作品が同じに聞こえるわ」

といった感じ。聴くのが修行。

当然ながら最初から最後まで聴けずに、もうスキップしまくりで。

なので、次は有名な曲が入ってるんでこれを買って。



それから徐々に聴けるようになっていって、聴いてるうちに、なんかカッケーな…って思えるようになって。

日本公演にも行って。

そんなディランがノーベル文学賞。

なんかパッとしないけど、賞は賞。

巷では賛否両論あるみたいだけど、そんなのはアホくさい。

ただ自分にとってのディランって、詩だけを切り抜いたものじゃなくて、曲もあって、ディランの声があって、「ボブディラン」なわけ。

文学者じゃなくて、歌うたいなのよ。

ねぇ、ディラン、あなたはどうなのよ。

その答えは風の中かい?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜のつぶやき 高木てんコンサ... | トップ | 桜のつぶやき「光と風とぬく... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-18 08:24:52
ディラン!
あなたは、今どこにいるの?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。