日々是好日

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
あれこれ雑記

物忘れ

2017-04-21 16:02:52 | 日記

どうでも良いようなものですが、人の名前を思い出せぬことがあります。その場ではやり過ごしますが、妙に気味が悪いことがあります。職業上覚えていなければならないために名刺が使われます。仕事を離れてからはそんな便宜がありませんから、近所の方だと後でそっと表札を眺めにいきます。
人間は顔を見て相手を見分けますが、魚でも相手を識別するかを調べ研究されている大阪市立大学幸田正典先生はブルチャーというアフリカのタンガニーカ湖に生息するカワスズメの一種を使って研究されました。
この魚は顔には模様があり、しかも縄張り意識が強く、顔見知り以外には攻撃しようとします。先生の研究の成果でブルチャーは相手の顔を見分けていることが判りました。
したみると、歳を重ねて縄張り意識が希薄になるため、人は顔や名前を忘れっぽくなるのでしょうか。(子供の科学2016年2月号の記事によります)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煮干しの解剖教室 | トップ | 南極の隕石 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。