毒がえるのしっぽ

新発田→長岡の整体師毒がえるのブログ

村祐 紺瑠璃でタイムスリープ

2017年05月05日 | グルメ
どもどもー、からのウェイッ

大丈夫です。毒がえるは生きてましたよ

チマタに毒がえる死亡説がささやかれ始める前に、

約半月ぶりに毒がえるがぁ~、キター(^ゥ^)ノーー!

からのGWゥ、ウェイッ

今年はまぁまぁGW休めてます





とにもかくにもお久しブリーフ

この半月の間、何をしていたかと問われたらば、

『ただただ、ゆっくりまったりしてました

気付いた時にはすでに半月、恐るべしは時間の流れだなぁ

まさしく光陰矢のごとし



毒がえるの周りの時間だけがめちゃくちゃ早い、

そんな訳ぁーないんですが、

まぁ、そう感じた原因のひとつには↓コレがありますな。



↑ 新潟市秋葉区の酒蔵のお酒『村祐 紺瑠璃ラベル』

相変わらずお猪口一杯だけですが、お酒が飲めるように

なった毒がえる。それもなかなか手に入らないお酒なら、

二杯はいけるぜと、調子に乗ってしまい申し訳ない状態に

日本酒と言えば『淡麗辛口』というイメージがあったんですが、

この村祐、「和三盆」をイメージして作られていて、

『濃醇甘口』とでも言うんでしょうか?

あまくて、濃い~、フルーティなお酒。

ついつい今夜も、毒がえるの時間が早くなりそう

な予感がいたします




予想以上にTシャツが売れていない、ってか

まったくのゼロですが、気分を上げてNEWデザイン

を少しづつ考えている毒がえる

次回はもっと早くに更新だっ・・・!?

それではシーユーネクストドクガエル バイッ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今回はイッキに2枚でどーだ! | トップ | またまたの、またのお弥彦さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事