pursuit day by day

to accommodate and facilitate you to broaden your horizon.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「正しい姿勢」は痛い

2005-07-18 23:47:25 | shorinji kempo
のんびりしたあとの午後。法器自主練習に出かける前に、キネシオテープを左の腕、肩、胸に貼った。胸鎖乳突筋を覆って首(頚脈)まで伸ばしてみたら猛烈に気分が悪くなったので、そこはハサミで切り落とした。

今夜の自主練習は本当に自主なので、他の人にはあんまり付き合わない。激しい運動はしない。山崎校長のガマクを落とす歩き方したり、胴体回転イメージを左右の半身すれちがいに変えて動作してみたり、といった復習的実験のみ。
肺兪近辺は相変わらずうずいているため、ビスが来たら胸椎矯正頼んで。ダイキリ君に胸椎矯正頼んで。でも、座ってAGI組の演武に助言をしていると……ミシミシ肩が腐ってくる感触。

Syamiさんにも胸椎矯正頼んだ。Syamiさんのは胴体の波動が入るから大変効果的。でも、鏡の前に行ってどのくらい自分の体が歪んでるのか見たら、ひいた。これは乱視のせいか? ピサの斜塔みたいに見える。それを直立に戻してみると……うわあ、やっぱり肩から腐る感触で、気持ちが悪い。
ビスに観察・助言してもらって改めて結手立の姿勢を作ってみると……やっぱり同じ。直立すると辛い。顎を引いて下を向いて椎間関節を開くようにすると楽。そろそろ胸椎以外が主要要因になってきたらしい。ついに首の曲げ方や傾け方に肩の疼きが反応するようになった。

時間になったためキネシオテープ全部剥がして湿布して退場。駅まで歩く途中で左のコメカミに鈍い偏頭痛がしてきた。やばいからまっすぐ帰宅。こういう状況下で酒は厳禁。電車内でもダイキリと極力立ったまま。

5日後に脳神経外科で頚椎のMRI/MRAを撮ったら、露骨にいやなもんが発覚するかな? もはや指がちょいとばかり不随意の痙攣するってな可愛い騒ぎではない。脳神経外科だけじゃなく整形外科も探しておいたほうがいいかも。

もう二回目だから全然怖くない。ただ鬱陶しいだけ。
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉祥寺復路 | トップ | 司会前日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む