まったりパパゲーマー無課金道中

1児のパパでぬるゲーマー!!
そんな私の無課金ゲーム日記をまったり書いていこうかと思います。

【タガタメ】憧れは甘く「エクストラ」でライルさんを酷使無双してみた!!

2016-10-16 10:45:50 | 誰ガ為のアルケミスト
みなさんこんにちは!!
プロ野球も通常の日程が終わって、もうすぐ日本シリーズですね!!
ブログを書いている時点では、セリーグは広島が日本シリーズ出場を決めていて、パリーグは日ハムが王手をかけている状況。
今年は広島が神がかった強さを見せましたし、横浜も初?CS出場しましたし、ちょこちょこ野球も見てました♪
昔はずっと横浜ファンだったんですよねぇ。特に98・99年のマシンガン打線が大好きで、あの頃は横浜戦がTVでやってたらいつもみてましたねぇ。
また強くなって欲しいなぁ。

さて、タガタメではまた色々とイベントが始まりましたね!!
「異層塔ヴェーダ」と、「憧れは甘く」。

異層塔ヴェーダは今26階までクリアしたとこで、光の欠片をもらってザインさんが5凸!!魔法剣士が解放され、さらに固くなりました♪
ヴェーダ面白いですね!!全部で50ステージあって、途中で受けたダメージやら死亡ユニットがそのまま引き継がれて行くので、1戦1戦慎重に戦わないと回復するまで進めなくなったりしそうです。
まだそんなにやってないんですが、上の方にいくとどのくらい難しいのか・・・楽しみかも。

もう一つのイベントの憧れは甘くは復刻イベントなのかな?私には初なんですが(笑)ストーリーがちょっと衝撃的だったんですが。ロフィア死ぬの?
このイベントでロフィアの奇術師+装備がもらえるのでヴェーダを後回しにして、地道に素材回収をしています。

現在のロフィアはこんな感じ。早く全て集めたいなぁ。

このステージの攻略法は主に2つかな?
ザンゲツやクダンにオバクロ×3で黒騎士をまとめてやっつけるか、スナイパーとか賢者とかの遠距離攻撃で地道に安全にやっつけるか。
うちのチームだと、ザンゲツが育っていないので1つめはできない。2つ目は時間がかかるのであんまりやりたくない。
そこで色々試してみた結果・・・ライルを酷使無双したら結構早かった!!
というわけで、うちで紹介する攻略法は「ライルをオバクロで黒騎士を倒すまで強制的に働かせる!!」です。


今回の主役はライル(結構育ってる)!!あとは奇術師か、5凸以上のシャーマンを2人連れて行きます!


3人で行けるかなと思ってやってみたら行けたので、3人攻略で紹介します♪もう1人スナイパーとか連れて行ったらもっとスムーズに攻略できると思います!!


序盤はライルでジュエルを稼ぎつつ左の聖教騎士を倒し、奇術師はクロックアップをかけておきます。
聖教騎士を倒したら、真ん中の台に登ってアローレインで踊り子と黒騎士2匹巻き込みます。


あとは、ライルにオバクロをひたすらかけながら黒騎士の行動順を確かめつつ打ちまくるだけの簡単なお仕事♪
黒騎士の順番の時に台の前面にいると呪い殺されるので、そこだけは注意が必要です。
うちのライルだとアローレインは大体500ダメージくらいで、通常攻撃は連携が乗れば650くらい、2連携なら900くらいのダメージがでます。


うまくいけばアローレインで4人巻き込めます!!
オバクロを使って、黒騎士の番にならないときに通常攻撃でジュエルを稼ぎ、黒騎士の番になりそうなときはスカウティングシュートなどで、範囲外から攻撃をして安全に倒します。

真ん中と右の黒騎士を倒したあたりで、ザハル達が出てくるので先にそっちを倒します!!
ザハルとアナスタシアならアローレインがあればあっさりと・・・。。アローレイン切れてた。ぎゃー、シャーマンが事故死した~・・・とかなることもあるので、慎重に倒しましょう。


あとは残った左の黒騎士を倒せば勝ったも同然なので、スカウティングシュートで範囲外から攻撃したり、まだオバクロ使えるなら使ったりして安全に倒します!

最後に宝箱を回収して、残りの敵を倒しミッションコンプリートです♪
今回はシャーマンがちょっと事故死しましたが・・・慎重にやれば大丈夫です。スナイパーや賢者を入れて4人で行ったら、ザハル達が来る前に余裕をもって黒騎士全員倒せます!

ほかにも人それぞれ攻略法はあると思いますが、何かの参考になればと思います。
早くヴェーダの続きをやりたい~!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 受け継がれる大義のエクスト... | トップ | 【タガタメ】新戦力続々加入!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL