BCS

BCSのくだらない雑記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016_0918_Windows7_USBメモリ_ReadyBoost

2016年09月18日 | 不定期更新日記
知人が、時代遅れのWindowsXPで
インターネットを始めたいと言ってきた。

その端末(ノートPC)のスペックを見ると、
 512MBのメモリ…これでは、Winows7の起動も遅い。

どうするか…ReadyBoostを使うか。

ネットを調べてみると

----
ReadyBoostは、ノートなので物理メモリの増設(不足)できない
場合の対策として生まれたもので、フラッシュメモリなどの記憶媒体を

利用して補うシステムで物理メモリに展開されるデータの一部を、
フラッシュメモリ等に展開し、コンピュータの負荷を軽減する。

具体的には、HDDの読み取り速度を向上させると言うことです。
似たような機能としてSuperFetchがありますが

SuperFetchは、プロセスのキャッシュを行いソフトの起動速度向上を
図るもの。本質的に違います。あなたのパソコンにも搭載されています。

したがって、メインメモリが2GB以上あれば、SuperFetchが有効に
機能しますので、ReadyBoostの効果は、かなり薄れます。
----

なるほど、まずは、2GBを積んでないので、
やってみる価値がありそう。

ReadyBoost対応のメモリを積んで、サービス(SuperFetch)を
有効にすることで、効果が得られるんだな。


追記

ReadyBoost対応のメモリを買ってみた。

8GB (ヨドバシ) 1180円
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016_0918_ブロードバンドス... | トップ | 2016_0919_dynabook 940ls »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不定期更新日記」カテゴリの最新記事