いんげんのblog

普段何気なしに感じたことや起こった出来事などを備忘メモとしてぼちぼち気の向くまま書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

納棺夫日記 / 青木 新門

2009年08月06日 | 【書籍関連】
「納棺夫日記」 / 青木 新門 著

を読みました








以前見た映画「おくりびと」の原作本です。




遺体を清め、棺に納める。
その職業に就いた著者の、淡々とした語りが続いていくのですが、単なる作業
ではなく言葉で言いあらわせないような、人間として生きたいのちの尊厳への
畏怖のようなものを感じましたね。




何か色々と考えさせられましたね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CCレモンZERO | トップ | 抜歯… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。