第57代大阪大学応援団活動報告

大阪大学応援団第56代の活動報告を行います。

12/28〜1/3 七大戦スキー応援感想

2018-01-06 17:10:12 | 応援

2017年12月28日から2018年1月3日にかけて、長野県の野沢温泉村にてスキー競技の応援をさせていただきました。



昨年よりも恵まれた天候の中、充実した応援活動をさせていただきました。準幹部は準幹部になって初めて本格的に応援活動に携わるようになり、私自身も初めて応援指揮ではなくチーフとして応援することができ、全体としても個人としても様々な成長と課題を見つけられた一週間となりました。



また、この一週間寝食を共にさせていただいたスキー部の皆さんとは応援活動のみならず、それ以外の時間でも深く交流させていただきました。



最後になりましたが、応援期間中、公私にわたり弊団に携わってくださった大阪大学体育会スキー部の皆様、OB・OGの皆様、いちかわ荘の皆様、その他多大なるご支援を賜りました全ての皆様に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。




団長 中島千裕

この記事をはてなブックマークに追加

1/3 七大戦スキー競技クロスカントリーリレー応援 感想

2018-01-04 20:16:10 | 応援
リレー男子正シード3位
リレー女子正シード1位
男子オープン4位


総合男子3位59pt
総合女子3位24pt
男女総合2位83pt



スキー応援最終日の競技はクロスカントリーのリレー競技でした。
この日は期間中でもかなり天気があれた方ではあり、選手にとっては厳しい環境でしたが女子は1位、男子は3位という華々しい成績を収められました。また、男女ともに四年生の選手がメダル獲得に大きく貢献され、会場全体が大いに盛り上がり、寒さを忘れる熱い試合となりました。

大阪大学スキー部の九大戦での目標は男女がそれぞれ総合で3位を取るという目標を達成し、なおかつ男女総合で2位を取ることができ、大阪大学の学生として大変誇らしく思います。
この勢いに乗り、今後も大阪大学の体育会クラブ全体が勢い付くことを祈っております。
スキー部の皆様、お疲れ様でした。

副団長 西原朋哉

この記事をはてなブックマークに追加

1/2 七大戦スキー競技ジャンプ種目純飛躍・複合飛躍応援 感想

2018-01-02 23:54:35 | 応援
純飛躍
加茂選手 4位
井筒選手 15位
道坂選手 18位

複合飛躍
加茂選手 6位
道坂選手 12位
井筒選手 16位

本日は折からの悪天候に見舞われ風雪吹きすさぶ中での応援となりましたが、どの大学もそれに負けない熱い応援を繰り広げていました。スキーによる跳躍は大変危険で、それ故選手の方には多大なるプレッシャーと肉体的負荷がかかり、一筋縄では行かない競技であるということが、実際の跳躍とその事故を見て実感いたしました。

我々のできる事は、その選手の勇気に応え、更によい成績を出すことができるよう、全力で応援し続ける事のみだということを、改めて認識いたしました。

明日は最後の種目とはなりますが、徹頭徹尾全力で応援し続けることをモットーとして臨んでいきたいと思います。

準幹部 小湊和輝

この記事をはてなブックマークに追加

1/1 七大戦スキー競技 アルペン回転応援 感想

2018-01-02 12:48:30 | 応援

3位 野田選手
8位 森口選手
20位 山中選手
25位 似田選手
28位 恒川選手
DF 五藤選手

総合成績
男子 大阪大学 2位 40pt
女子 大阪大学 4位 18pt


本日はアルペン回転の応援に伺いました。2日前に行われたアルペン大回転の競技結果を受け、アルペンの選手の方々の試合への意気込みが感じられた試合でした。選手の試合への熱い気持ちが複数選手のポイント獲得につながり、非常に興奮しました。

アルペンの応援では一人の選手に一つのマーチを当てコールを挟んでエンドレスで応援させていただきました。

スキー競技の応援も残り二種目となりましたが、最後まで阪大のポイント獲得に貢献できるよう応援させていただきたく存じます。

団長 中島千裕

この記事をはてなブックマークに追加

12/30 七大戦スキー競技アルペン大回転応援 感想

2017-12-31 17:33:10 | 応援

4位 野田選手
25位 後藤選手
30位 森口選手
DQ 恒川選手
DF 似田選手
オープンDQ 山中選手

本日もスキー応援に行かせていただきました。
アルペンはテレビで観たことはありましたが、実際に現地へ行くと、想像していたよりかなり急な斜面で驚きました。そこを低姿勢で下っていく姿は、単純にとてもかっこよかったです。応援の時間は一瞬なのですが、そのスピード感に圧倒されてこちらも胸が高まりました。
また、日によって試合のある選手、ない選手がお互いに気を配りあっていることも、阪大スキー部さんの強みなのだと感じました。
明日以降も試合が続きますが、体調と怪我に気をつけて頑張ってください。精一杯応援します。

準幹部 小堂光梨

この記事をはてなブックマークに追加