ベニスは高い

2017年04月18日 | 旅行
ベニスの物価高は、覚悟する必要があるかもしれません。
ローマの 2 倍から 3 倍という印象。
メストレなど、少し離れれば、ローマ並み、あるいは、以下になりますので、ベニス本島の局所的な傾向です。

ベニスでの公共交通は、水上バスだけですが、(水上タクシー、ゴンドラはとても高い。もはや移動手段ではなく、それ自体が観光施設。)
現地の方=75分有効券 0.5EUR、30日有効券 30EUR
観光客 =75分有効券 7.5EUR、3日有効券 40EUR
と、ちょっと笑えない価格差があります。
まあ、観光客と同じ価格では、現地の人も乗ることはできないでしょう。

観光スポットをサン・マルコ周辺とリアルト周辺に割り切れば、水上バスでの移動は少なくて済みますが、75 分で 1,000円近くでは、乗るのを躊躇することは確かです。良くありがちな理由として、公共交通機関の財政難がありますが、観光客にどうしてここまであからさまに差をつけるのか疑問です。

ホテル代は、他より高いのが予約の段階でわかると思います。観光客の中には、メストレ(ベニスから電車で 1 駅離れている)にわざわざ宿を取る人がいるくらいです。

食事代も割高です。特に、ベニスなら海鮮料理ということで、イカスミやフリット(魚介類のから揚げ)を食べると、店によっては結構な値段になります。

観光客が多い店を避けるのが一つの選び方なのですが、観光収入が大きいようでベニス現地の人も収入が多く、結果、高額なお店に入るので、ローマや他の都市とは異なり、なかなか見分けがつきづらいところがあります。(高額な店でも結構な確率で、イタリア人コックでないことがあります。)
特に、ゴンドラ漕ぎの人(服装でわかります)が入っている店は、高いと思って間違いないでしょう。

リアルト市場が月曜休みなので、現地の人は、月曜日に魚をレストランでは食べないことを知っておいたほうが良いでしょう。
Locals suggest not ordering fish in restaurants on Mondays, because the Pescheria is closed on Monday and the fish is unlikely to be fresh.
http://europeforvisitors.com/venice/articles/rialto_food_markets.htm
『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリア土産にはチョコレート | トップ | ベニスの運河は汚い »
最近の画像もっと見る

あわせて読む