まいにち畑で遊ぶ

25坪の市民菜園で無農薬の野菜作り、たま~に手芸、時々スピリチュアル

ミニトマトの害虫

2017年07月13日 | 菜園

露地栽培にはどうしても害虫の被害があります。
ミニトマトに虫がたかっているのを見つけました。

あら、お初にお目にかかります・・・って訳にはいかず、即捕殺。
潰した感じはアブラムシでしたが、何でしょうね。
でも、食害跡を見ると、

光ってしまってよくわかりませんが、無数の細い針で刺したような跡です。
この食害跡なら、今までにも見た事がありました。

他にはこちら

これは、たぶんタバコガの幼虫の食害だと思います。
幸いトマトは沢山育てているので、多少虫害にあってもヘコまずにいられます。

先日、一回目のエダマメの収穫をした後、サツマイモ側に
土寄せをしておいたら、もうイモヅルがこんなにウネを覆っています。
今年は4月の20日頃に植え付けたので、早いです。

2回目のエダマメも収穫したら、サツマイモのウネになります。
手前は「紅はるか」で、向こう側、新芽が赤いのが「安納芋」です。

サツマイモの隣のウネは、イチゴの育苗用のウネで、ランナーで
子苗が増えているところです。

こちらはたぶん「モチキビ」?と呼ばれているもの・・・。
トウモロコシでも甘くない品種の苗を貰ったので
8本植えていましたが、うっかりしていたらアワノメイガにやられて
芯をダメにされてしまい、4本残ったので、慌てて寒冷紗を掛けました。

普通のトウモロコシより小ぶりで、15センチくらいの大きさ、
白と薄紫~紫のバイカラーの、もちトウモロコシで、
一度食べると、また食べてみたくなる不思議な味です。

今年のナスは樹ボケしました。
樹は大きくなっていますが、実付きはイマイチです。

もしも~し! ちょっとやる気を出してもらえませんか~。
お願いしますよ~。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キュウリのつる下し | トップ | ミニメロンのツルが萎れた »
最近の画像もっと見る

あわせて読む