小説です

すごい小説を書くことを目標に日夜精進しています。



村 (第3章 5)

2017年07月29日 | 小説

   来栖の黄道の会への入会の告白は、意外にも母から理解を持って受け入れられた。どうやら彼女は、最近の報道から、この村のほぼ全員が新興宗教――黄道の会の信者であることを聞いて知っていて、来栖がこの村の分校で小学校教諭の仕事をするにあたっては、彼一人だけが入会しないでいるのは、周りからの強い圧力があるだろうし、甚だ困難なことと理解したようだった。また、大学卒業後、何年もずうっと教員採用試験に合格せず、親に多大な心配をかけていた自分の息子が、現在H県の正式な小学校教諭として採用され、この村の分校で教職についていて、母が信ずるところでは法に触れることは一切していないはずなので、黄道の会の事件の数々が皆、一段落するであろう数年後には、この村からH県の別の地域――できたら都市部に転勤になって、小学校教員を続けられることを切なる思いで期待していたからだった。
「……そうかい、ここは黄道の会の信者の村だから、ここにいたら、会に入らないわけにはいかなくなるのはわかるよ……でも、心から信じているわけじゃないだろう?……入会したのは、そうそう、それは『方便』っていうやつなんだね、きっと……」来栖の母はそう言って、自分の息子の顔を覗きこんだ。
   友紀からの少なからぬ感化もあり、実際は心の底から欧開明の教えを信じ、大自然の中で、宇宙の『源体』を体感して、入会したのだが、母の言葉に反論はせず、母の意志を忖度したかのように言った。
「……お母さん、ぼくはやっと、正式な教員になれたんで、今、この村はたいへんだけど、ここで頑張ってやっていくよ……」
「……そうだよ、そうだよ、今、こんなだけれど、お前は何も悪いことをしてないんだから……ここで分校の教員を何年かしたら、S市にだって、転勤になるかもしれないよ」母は自分の息子を励ます口調で言った。
「……ああ、そうだ……せっかくこんな遠くまで来たんだから、明日はお前の働いている分校を見せておくれ……ここから近いんだろう?」来栖の母はそう言うと、立上って、食後の後片付けを始めた。
   来栖は自分の母が分校に足を運んだら、母が李玲玲に遭遇することを考えて、なぜかわからなかったが、漠然とした不安を感じた。
   そのとき、またドアをノックする音がした。
「……来栖先生、八雲さんからお電話ですよ……」さきほどとは違い、今度は三方の妻が、来栖に電話がかかって来たことを伝えにやってきた。
   『八雲』と聞いて、来栖はいやな予感にとらわれて、思わず身震いをした。黄道の会の中心人物の一人で、現在警察の捜査の矢面に立たされていて、自分自身も警察にいつ出頭を要請されてもおかしくない、あの八雲代表役員が直接、来栖に電話をかけてくるのはいったい何事だろう?
   来栖は三方の部屋へ行くと、黒いダイヤル式電話の受話器をとった。
「……もしもし……来栖ですが……」
「……八雲です。急な話でびっくりしないでください。明日、警察が事情を聞きに、来栖先生をたずねてくるかもしれません……」受話器の向こうで押し殺したような八雲の声が聞えた。
「……えっつ!?……警察がぼくをたずねてくる?なんでまた?……」来栖は驚いて問い返した。
「……来栖先生、落着いてください……いいですか?……あの古敷田よしこさんが、例の如く、妄想して、自分が生んで遺棄した赤ちゃんの父親はあなただと言ってるんです……もちろん、来栖先生がY村に来たのはまだ最近のことだし……ばかげたことですが……」八雲は静かに言った。
「……そうですか……」来栖は胸をなでおろした。
「……警察が信一をたずねてくるって、本当かい?」
   来栖が振り返るとそこには母がいた。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村 (第3章 4) | トップ | 村 (第3章 6) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。