小説です 

すごい小説を書くことを目標に日夜精進しています。

村 (第3章 2)

2017年06月17日 | 小説

「……三輪先生、具合はどうですか?今日は途中から玲玲先生が会議に行ってしまうし、一人でたいへんでした……」来栖はそう言って、友紀の顔を見ると、それはいつもの友紀の快活な表情ではなく、どこかしら陰りのある、反応の乏しい表情だった。
「……玲玲先生が会議?」友紀は問い返すと、来栖は簡単に、八雲が東京から弁護士の先生方を連れてきて、今、黄道の会の幹部の面々と二階の視聴覚室で会議をしていることを伝えた。友紀の反応は乏しく、来栖に問い返したのも、意味がよく飲み込めず、鸚鵡返しに言っただけかもしれなかった……
   来栖と友紀が児童たちを引き連れて、教室に戻るため校舎に入ると、ちょうど二階からは、いつの間にか桐野正導師も加わった総勢十数名の会議参加者がぞろぞろと階段を降りて来るのに出くわした。
「……事は緊急を要します。もちろん、この後は、欧開明先生との面会のため、斉木先生と古村先生はすぐに、捜査本部が置かれている、S市のH県警本部に行ってもらいます。車は手配済です。宿泊のホテルも県警本部に近い、城址公園の近くに取る予定です……」階段を降りながら、日頃は冷静沈着で鳴らす八雲は、いつもより、やや高いテンションで弁護士の二人に告げた。
   児童たちは、いつもは自分たちと教師だけしかいない分校で何事かの会議が開かれ、今まさに、閉会して、これから出て行こうとする、これらの人々を不思議そうな表情で見守った。
   八雲がふと思いついたように、前を歩く、若手弁護士の古村を引き留め、廊下の片隅に連れて行き、小声で何事か言葉を交わすと、再び皆に合流した。
   李玲玲は友紀の姿を目にすると、「あっ」と声を上げて、駆け寄り、友紀を抱きかかえた。友紀の目はうつろで、身心のどこかに何かしらの病気を持っているであろうことを強く人に感じさせずにはいられなかった。
「……ごめんなさい。三輪先生。会議がいつまでかかるかわからなかったので、具合の悪い人を呼び出してしまって……」李玲玲はたいへんすまなそうに、友紀に言った。
   友紀の表情は暗く、反応に乏しかった。玲玲の言葉にただただ、頷くだけだった。
   大木が友紀の異常に気づき、前を歩く、八雲に向かって言った。
「……八雲くん、こりゃ、三輪先生はだいぶ悪いぞ。誰かをつけて、N町の総合病院に連れていかんと……」
   その言葉を聞いて、友紀はふとわれに返った。
「……村長、だいじょうぶです。N町の病院に行くほど悪くはありません。元々貧血気味だったのと、ちょっと頭痛がするだけです……」
   しかし、友紀はその言葉を発してすぐに、眩暈に襲われ、倒れ掛かったので、玲玲が慌てて友紀を抱き留めた。
   警察に出頭した自分の師である欧開明や東京の鵬役員、小野村正導師の事はもちろん、今後の日本の警察の黄道の会に対する大捜査や弾圧に対処するための戦略を考えることで頭がいっぱいのまだ若年の八雲にとって、会員の一人にすぎない友紀の身体の事に関心が薄いようだったが、意外にも対応が早かった。
   八雲がすぐに電話して、村の情報網を駆使した結果、その日の午後、偶々、Y村からN町へ行くことになっていた製材所の社長の北里の車に友紀をのせて、N町の総合病院に連れて行くことになった。北里の男手だけでは何かと不便だと言うことで、北里の妻も友紀に同行することになった。
   来栖は玲玲といっしょになんとかその日の午後、分校の授業を終え、児童たちを皆、家に帰宅させた。玲玲も帰った後、一人で分校に残り、明日の授業の準備やテストの採点で追われていたが、夜八時ごろ、一段落すると、校舎の戸締りをしてから、ぶな屋敷と呼ばれる自分の住むアパートに徒歩で向かった。
   驚いたことに、ぶな屋敷の前まで来ると、二階の来栖の部屋の電気の照明が煌々とついていて、誰かが彼の部屋にいるらしかった。彼は朝出るとき、鍵をかけて出たので、一階に住む耳の遠い老婆の大家から鍵を借りて、彼の部屋の鍵を開けて入るしかないはずだった。大家が来栖の部屋の鍵を開け、部屋の中に招き入れるることに同意した来栖の部屋の訪問者はいったい誰なのかわからなかった。
   来栖がぶな屋敷の二階に上る、きしみ音の激しい階段をどたどたと駆け上がり、自分の部屋に近づくと、彼の部屋の中から、原良や三方夫婦と会話する、聞覚えのある声が聞えてきた。

 

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村 (第3章 1) | トップ | 村 (第3章 3) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。