二胡歴五年七転八倒

二胡に興味をお持ちの方&ビギナーへの参考になれば
//5年目のいましか書けない事//

お召列車用車両、E655系に遭遇

2017-07-15 21:56:46 | 旅行
2017年7月13日13:30ごろ、東京に出かけるためにJovan線 荒川沖駅に近づくと、ウルシ色の車両が入線してきました
「あっ、前に見たことのある不思議列車だ!」急いて改札に入ったら、まだ停車していました。ラッキー!



色は阪急電車のマルーンカラーより濃いウルシ色。ピッカピカに磨き上げられていて3本の金色のライン。
ブラインドはすべて下ろされていて、中の様子はわかりません。荒川沖駅は3レーンありますが、写真を見てわかるように、真ん中のレーンでプラットホームへの乗り降りができないところに止まっています
鼻のところに愛称も書かれていません。新しい車両でもすくなくとも横の屋根近くにある「山手線」とか「上野行き」という表示をしますが、すべての車両に「1」の文字を示すのみ



先頭車の車両番号を見ると「クモロE654-101」? たしか先頭車両は「クハ」のはず?



ネットで調べると、天皇陛下皇后陛下が旅行される場合に使用する車両でした
公式行事に使う場合は鼻のところに菊の紋章がはめこまれ、サイドに同じく菊の紋章が入った特別車両が真ん中に連結されますが、今回はなし。5両編成



御用邸への避暑など、私的旅行の場合は特別車両なしの5両編成だそうです
ひょっとしたら天皇陛下皇后陛下が乗っておられたのかもしれません


なお特別な団体旅行でこの車両を使うことはあるようですが、その写真を見ると窓の上の「号車番号-行先」のところは通常通りの表示です。
回送列車の可能性もありますが、回送ならブラインドは下げるでしょうか?


なにを隠そう、私は陛下のファンで、自分の顔立ちは天皇陛下に似ていると自任しております。
ボーイスカウトのキャンプ大会(日本ジャンボリー:岡山県津山市日本原)の式典で当時の皇太子夫妻が歩かれているのを、5mくらいの距離で見たことがあります
団の幹部の人が撮った写真ももらいましたが、どこやらに紛れています

長年のご公務お疲れ様です。海外歴訪も中国も行かれましたし、心残りは韓国に行けなかったことでしょうか?


注:E655系の編成といいながら、1,3,5号車はE654の番号、2,4号車と特別車両はE655の番号になります
前に見たのは多分東京で。いつのことだったか?やはりブラインドが下がっていて何の表示もない不思議列車でした


(C)Kozo Nakamura (2017)All Rights Reserved.
『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あらかわおき・あらかルト(10... | トップ |   

あわせて読む