ブログ:ゆけ、ゆけ!50代

50歳を記念にブログをスタート。旅、音楽や日頃感じたことなどを綴っています。

幸せを呼ぶ暮らしの言葉31

2017年07月06日 | こころに響く話、気になる言葉



先日、セブンイレブン書籍コーナーで、言葉・・・に反応して、PHPの本を久しぶりに購入した。
内容は、「幸運」つまり、幸せを運んでくるものが幸運であり、その幸運は言葉にのせてやってくるというもの。

考えてみると人の出逢いは、その人の言葉を聴くことであり、生き方に触れることでもある。さまざまな言葉は、体験の中で紡ぎ出されていくもの。
そんな言葉の数々を生活のシチュエーションごとに言葉を紹介、解説している。苦しい時、失意の時、そして頂点の時、言葉は背中を押してくれたり、いさめたりしてくれるありがたい存在。後は、受け取る私の感性と意識。

◎主な内容
【お出かけ】
肌の色よし!笑顔バッチリ! 中山庸子(エッセイスト・イラストレーター)

【そうじ】
窓を掃除しよう。新しい風が入ってくるよ 上大岡トメ(イラストレーター)

こころも身体もピカピカになあれ!沖幸子(生活経済評論家)

【洗濯】
人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある(坂本龍馬) 朝倉ユキ(ゆるベジ料理研究家)

【収納】
自分を収納に合わせるのではなく、収納を自分に合わせる 本多さおり(整理収納コンサルタント)

【炊事】
一日という点が連なって人生という一本の線になる 大原千鶴(料理研究家)

【子育て】
手がかかった分だけ、思い出が刻まれる 榎本博明(心理学者)

【人生】
料理を美味しくするのは一降りの塩。人生でも苦労という塩をいただくことで深くも優しくもなるのです 川村妙慶(僧侶・アナウンサー)

今日の私が人生で一番若い! 宇佐見百里子(作家・カウンセラー)

大丈夫。全てうまくいっている 柴村恵美子(銀座まるかん柴村グループ代表)

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 40年前に考案されたCMノート | トップ | 青少年国際交流を考える集いi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。