蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

小説:『イリヤの空 UFOの夏』

2005-03-05 04:11:18 | 小説 感想
つい先日ものすごく軽い気持ちで小説の『イリヤの空 UFOの夏』を4冊購入したのですが、既に通しで2回読み返しました。
最終巻に至っては4回、ラストシーンに至っては8回読み返しました。

様々なライトノベル評論誌で取り上げられているので、今更とは思うのですが敢えて言わせて頂きます。
『イリヤの空 UFOの夏』は良い。非常に良い。

このタイトルにこの作品の全てが凝縮されていると言っても過言ではない、それほどまでにこの『イリヤの空 UFOの夏』というタイトルが素晴らしく、これが描写される最期のシーンは何度(現時点で8回、以降続くことが予想されます)読んでも泣いてしまいます。
今ではこのタイトルを思い出すだけでも泣けるかもしれません。

ノスタルジーに浸りつつも、美少女と兵器というカタルシス、そしてそれだけでは言い表せない透明な切なさ。
この作品も2回目に読むとより一層切なさが増す、そういう作品です。

この作品については「ここのこの点が良かった」とかどうとか書く気にならず、自分の胸の中にしまっておきたい、そんな感じなんで感想はここまでです。
ただ一点、この『イリヤの空 UFOの夏』というタイトルは素晴らしいです。

ここからは余談。
「美少女と兵器というカタルシス」と言えば、『最終兵器彼女』を思い出す方も多いと思うのですが、私は連載中(かなり最初の時点で)にあまりにちせが不憫で読めなくなりました。
しかし、『イリヤの空 UFOの夏』を読み終えた後『最終兵器彼女』を一気に読むとまた違った思いで読むことができました。
ちせが守ろうとしたものは何だったのか?『イリヤの空 UFOの夏』を読む前と後ではこの『最終兵器彼女』の読後感が全く違っていました。
『イリヤの空 UFOの夏』を読んだおかげで救われた、そんな気がします。

「美少女と兵器というカタルシス」と言えば・・・、そんなわけで今映画『ローレライ』がめっちゃ観たい。

『イリヤの空 UFOの夏』は最近DVDが発売されましたが、あいばさんのところでもDVDが売れているという報告が入っているのでそれも納得って感じです。
僕もDVDがどうなっているか、そのうちチェックしたいと思います。
#個人的には水前寺がどうなってるのかがみたいかも。
#椎名は桑島さんがやるそうで、それも楽しみ。


イリヤの空 UFOの夏(その1)
価格:¥578 (税込)

4冊セット購入をお勧めしますがその1と
その2は一緒に購入した方が楽しめます

その4のラストは何度読んでも泣けます
タイトルの素晴らしさに涙が・・・


コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞-HiME 第22話 感想 | トップ | ガンダムSEED DESTINY 第20話... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
電撃文庫っすね (りょく)
2005-03-05 19:45:24
方々の批評サイトや最近出始めた「ライトノベル総評」関係では、評価が高いようですね。

私自身は、挿絵にひいてしまって読んでいないのが現状です。次に、積読本が溜まっていて新たに4巻も買っていられるか!というヴァッフェラーレン(第一次警戒態勢)発令中な所でしょうか。

…この歳で、図書館に行ってラノベを借りるのもな…(買うのはなんとも無いのか!)



>ローレライ

今日の私の日記で散々嘆いております。

映画を見られるのでしたら、後で構いませんので、是非とも原作を!「終戦のローレライ」のほうもお読み下さい!!(寧ろ先に読むと、映画版に凹む可能性大。私は今から恐ろしくて震えてます……)



えー、燕。さんが福井作品に嵌ってくれちゃったりすると、大いに私は嬉しいのですが、余計なお世話っすね(笑)
ヴァッフェラーデンは便利 (燕。(管理人))
2005-03-06 01:39:17
>りょくさんへ

最近の図書館はラノベも置いてるんだ、と素直にそこに感心してしまいました。

本作はラノベとしての評価はすこぶる高い、というのも納得で、ぶっちゃけ泣けました。

最近ではマリみてを購入するようになって、表紙でひるむことがなくなりました(えー)。



オペラ座の怪人を見に行く際に、ローレライがもし上映されていたら、超迷ったであろう、と思うほど今ローレライが観たいんですよ。

#たぶんりょくさんの記事も影響していると思います。



しっかりした原作がある場合、映像化して2時間という尺に収めるのは至難の業なんで、りょくさんのご忠告にあわせて映像を見た後原作に突入したいと思います。

もう亡国のイージスから福井作品買う気満々です。

しかし、その自分の行動原理の根底にあるのが「イリヤの空 UFOの夏」だったりするのが人生とはかくも不思議なものかと感じるところだったりします。
Unknown (すっぴん)
2005-08-03 01:25:01
燕さん。こんにちは。



いまさらながらやっとイリヤを読みました!

泣いちゃいましたよ。

何に心を動かされたのか・・・・・



浅羽のイリヤを守ろうとした覚悟か

イリヤが浅羽を守ろうとした覚悟か



それとも悪役として死ぬことをずっと前から覚悟していた榎本か



いろんなものが混ざり合って泣いてしまったのかなと思います。



透明 (燕。(管理人))
2005-08-04 00:02:29
>すっぴんさんへ

文中ご紹介、ありがとうございます!

「イリヤの空 UFOの夏」、これを夏に読んだら・・・迷わず泣いてしまいます、僕は。

何となくノスタルジーに浸りつつ、暑い夏の夕暮れ、ふとこのお話を思い出してしまいそうです。

すっぴんさんの最後のコメント、凄く良く分かりますね。

そう、だから文章に落としたくなくて、自分の心の中に留めておきたい、そんな感覚になっちゃうんですよね。

透明に切ないですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
イリヤの空 (空と海の狭間                        -horizon-                        )
イリヤの空、UFOの夏 第2話観ました。 今回のテーマは「浅羽とイリヤのデート」のはずなんですが、あら不思議 「部長と浅羽妹の尾行」がメインになっちゃってます!! ・・・なぜこんな事態になってしまったんだろうか。考えてみた。 思うに、 部長のキャラが 濃 す
イリヤの空、UFOの夏 小説&DVD感想と萌えに関して (快楽ぱんだと二次元)
いきなりですが・・・・・私は「夏少女萌え」なのだと思います♪そんな属性があるかは知りませんが、私は夏を舞台にした作品に惹かれる傾向があります。そこで「イリヤの空、UFOの夏」にも惹かれたわけです。「萌え」とは一体なんなのか?わかるようでわからないそんな言