サキさんの介護日記      (若年性認知症の妻との記憶)

若年性認知症の妻。今までの介護の記憶と、現在の様子を気分のままに書いていきます。

一人にしないで

2017年07月29日 22時04分53秒 | 今日のサキさん
サキさんの夕食介助に行ってきました。


この前、特養さんにお渡しした家族の会のポスターを早速、掲示してくださってました。ありがとうございます。
「寄り添えば こころも通う 認知症」
今年度の標語です。来年は、私も応募してみようかな。でも才能ないしな。


今日のサキさんです。
食事前のベッドの上のサキさんです。比較的おだやかでした。静かにしていましたが私を確認すると、ブツブツ何か言っています。きっと何か私に言いたいことが溜まっているのでしょうね。

そして、夕食。今日のメインは「和風ハンバーグ」
元気なころのサキさんは、あまり肉が得意ではなかったのですが、病気になってからは何でも食べてくれます。でも今日は、ハンバーグを食べている途中、大きな声を出しました。むせたのでしょうか? 変なとこに入ったか、それとも肉が嫌いだと思いだしたのか、さて、どっちなんでしょう。

そして、完食で食事終了。

食後のサキさんです。ちょっと不機嫌気味の表情です。食後はだいたいこんな表情です。
食事が終われば、また、一人ぼっちに戻ってしまうことが分かっているんでしょうね。

帰り際のサキさんは、とっても悲し気な、今にも泣きだしそうな顔をしていました。その顔は、
置いていかないで、一人にしないで
と、訴えているようでした。

ゴメンね、サキさん。それしか言えませんでした。
『介護』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うちの南に足場が | トップ | トイレの話し »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (あけ)
2017-07-29 22:52:51
切ないですね…私の母が、てんかん起こして入院していた時、毎日、お昼ご飯の介助に行って、歯磨きが終わる頃、帰ろうとすると、不機嫌でした。どうしようもない旦那さまの気持ち、お察しします。
Unknown (サキさんの夫)
2017-07-29 23:31:09
あけさん、ありがとうございます。
ご飯が終わるともう帰るのがサキさんにも分かっているので、どうしようもなく悲し気な寂し気な表情になります。毎回、帰り際は辛いです。置き去りにしている、という罪悪感に近い感情が、どうしようもない思いがわいてきてしまいます。

コメントを投稿

今日のサキさん」カテゴリの最新記事