ここは小さな高校です

英語の授業を通して、田舎の小さな高校で学ぶ素敵な生徒たちを紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

津波のトラウマを解いてくれた一冊の本

2017-05-03 | 日記
 小学生の時に東日本大震災にで被災した気仙沼の中学生です。大津波の恐怖が抜けず、中学生になっても思うように勉強ができないでいました。
 中3になった4月に偶然『花咲く丘の高校生』を読んだところ、私も高校に行きたいという気持ちが高まってきて
勉強に集中できるようになり、おかげで第一志望の高校に入学することが出来ました。
 私も花咲く丘の高校生たちのような素敵な高校生になろうと思っています。

   (これは平成29年3月に寄せられた気仙沼市に住んでいる女子中学生の感想です)
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花咲く丘の高校生 | トップ | 学校が変わった?生徒が変わ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。