東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

不妊治療について

2016-08-21 13:12:05 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、不妊治療について書きたいと思います。

実は、最初の出産の時から不妊治療によって子供を授かっておりまして、当時37歳の時です。そして再び子供が欲しいと思い、38歳から再度不妊治療を開始しました。

初めての妊娠時には、世田谷区のS産婦人科。2度目には途中から、さらに出生率を上げる為に、新宿区のKクリニックに病院を替えて通いました。結局2度目の妊娠は41歳で、顕微授精(けんびじゅせい)でさらに双子を授かりました。出産の為総合病院の外来に移行し2度目の診察の時に、お腹の中で胎児二人の死亡が確認されました。

死亡について医師は加齢の為といい、私は本当は何が悪くて、どうすればよかったのか今でも分からないです。ただ、この41歳という年齢で着床したという観点から言葉を残すとすると、最初の出産時の着床とようやく2度目の着床に至るまでの違いとは、以下3つ挙げます。

①医師からもらう薬を服用するタイミングが大事だと思います。卵を採取しさらにその卵を身体に移植した後私のように、例えばその薬は食後の服用との指示があるのだから、なんとなく食後と言えば食後だからこの辺で飲んじゃうみたいな時は、決まって着床を逃していました。やはり食後と言ったら、30分以内なのでしょうか。

病院で、その点について着床との因果性を質問したのですが、曖昧な返事しか返ってきませんでした。ただ、もちろん決められた時間にと言えば、採卵のタイミング向上の為に必要になる鼻腔スプレー等の使用時間の厳守はさらに厳密性を要しますし、例えそれが夜中の2時の指定であろうと絶対なので他の女性の方も守っておられるようでした。

②医師や看護師から改めて、あたり前過ぎて指摘を受けたことは無いのですが、やはり早寝早起きの日常の機微が大事だと思います。夜中に長時間起きていたり、不摂生であったことが多かった時に、採卵後卵が受精にすら至らないこともあったように思います。元気な卵が一番いいのです。

③あとは、やはり加齢に伴う卵の老化と比例して着床率の減退は否めないと思います。東京都では、助成金(東京都特定不妊治療費助成事業)として、治療費用の補助が出ます。補助が受けれる間はチャレンジしようと思っていましたから、もう思い残すことは無いのですが、やはり女性は特に妊娠に至っては、早め早めにご準備をされることをお勧めします。


▲不妊治療で卵の着床そして出産というゴールまでは時間がかかります。妊娠を本気で望むなら、世の中の情勢を見極めつつ、早め早めの計画で前倒しのご準備をお勧めします。

最後に、病院サイドとの関係性についてですが、やはり医師も看護師も当然感情が伴う人間です。ある男性の医師に、私の着床率の悪さが心配で質問攻めにしたところ、逆切れされて非難に近い言葉を浴びせられたことがありました。

特に不妊治療に至っては、患者はまな板の鯉的な要素は否めないし、ましてや治療一つとってもどこまで理解すべきなのかというジレンマもあります。

医者との相性の問題もあるので、時は金なりということの重要性を再認識し、医師や病院を替える選択肢も視野に入れ、時には受付嬢の言葉にぐっと言葉を飲みこんだりしながら(笑)も、対人間なんだという寛容性と臨機応変さで臨むのがよろしいのかなと思ったりもします。

以上、お役に立てた内容か疑問ながらも、お役に立てれば幸いです。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットのすすめ

2016-08-14 21:07:20 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、ダイエットのすすめについて書きたいと思います。

まず、緊近にダイエットの必要な方というのは、会社の一般健康診断等の血液検査で検査項目であるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の数値が、規定値より上回っている方そして20歳の頃の体重と比べて著しい増加がみられる方は、特に注意が必要になります。

かく言う私もその一人で、20歳の頃の体重と比較してマックス30キロという時がありました。たまたま受診した血液検査で要再検との診断で、後日空腹時血糖をはかったところ、とうとう糖尿病という診断がくだりました。

今まで様々なダイエットを試みましたが、一番リバウンドしない効果的な方法は、糖尿病外来を持つような病院と二人三脚で取り組むのが一番良いように思います。

まず、定期的な血液検査で血糖値の数値の経過を知り、日々の体重の数値でさらに認知を高め、そして栄養士の先生からカスタマイズされたカロリー数の提示や食物の模型から視覚で摂取量を知り、結果糖質ダイエットを行う運びとなり、その一様を維持していきます。

>
▲私は、20歳の頃の体重まで、残す7キロになりました。糖尿病の気も治まり、今は糖尿病ではありません。

そして何より重要になるのは運動ですが、病院では最低限の運動の提示しかありません。一番ご自分に合った運動をするのが望ましいと思います。

スポーツインストラクターでも無い私が力説することではないかもしれませんが、シンクロの経験からご参考までに、爽快感を味わいつつ、充実感もあり、体重減量に目立って効果があるメニューとして、何かとプールとの組み合わせをご提案したいと思います。例えば、シニアの会社員の方だったらウォーキング30分、プラスプールでのウォーキング30分等を同日に、しかも週2日に渡り(例えば土日にまとめてとか)行います。

もちろんご体調やご自身の持病との兼ね合いも十分ご注意頂きたいのですが、私の場合時間的制約のある中過去一番効果があったのは、フィットネス等のスタジオプログラムの後、プールで流しながら泳ぐ程度で週2日行って、半年後には目立って減量に結び付いていました。

体重を減らすのは、以外とスムーズにいきます。問題は維持の仕方です。やはりご自身に適切な食事の摂取量を知っておくことが肝です。今は、お近くの保健所等でも食事相談(栄養相談)などのサービスもあるので、ご自身の身長や体重から必要な食事の摂取量の知識を増やしておくことが大事です。摂取量を単に減らせば済むことではないからです。

以上、より良い生活の質の向上につながれば幸いです。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水難に備えて着衣講習に参加しよう

2016-08-11 11:43:54 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、水難事故に備えて受講した着衣講習について書きたいと思います。

先日、地元のプールで行われた水難学会主催の着衣講習会に参加してきました。そもそも水難学会とは、ライフセーバーと言われる救急隊の方や、スキューバダイビングのインストラクターの方々などからボランティアを募り結成されたその道の有資格者のグループです。

水難という言葉のごとく、特に夏場など必ず起こる水の事故に対して、実際服や靴を履いたままで行われる模擬的な水難事故対策の実践講習会です。

約2時間という時間の中で、費用は子供500円、大人1,000円というもので、今回は特別か浮くものの一例としてのお菓子のパッケージから、その中身まで子供達にプレゼントがありました。

浮くものといえば、今回は2リットルの空のペットボトルを持参し、それを胸元に抱き、浮力を使って自然に浮く練習です。教科書入りのランドセルやリュック、空気を含んだ普通の衣類やお菓子の袋、クロックスのサンダルやスニーカーまで、身体の浮力を助長する物は様々です。

特にサンダルや靴に関しては、実際水の中で足を浮かせる助けになるものとならないものがありました。クロックスは、間違いなく浮きます(エスカレーター等に乗る時には、段差に巻き込まれやすいです。注意が必要です)。その履物の風呂などで水を張り浮きを確かめてから、お出かけになるといいでしょう。

釣り等の海そして川などの活動で始めから事故が予想される場合には、特にお子さんなどのリスクを回避するために、やはりライフジャケットなどの事前購入が望ましいようです。5歳の息子でペットボトルで浮きがとれるか確認したところ、ただ胸元にホールドするだけなのですが、難しいようでした。


▲身体を大の字にして声をださず静かにして浮きをとると、最悪ペットボトルが無くても自然に浮くそうです。シンクロで実証性が担保されています。

キッズ用ライフジャケットは、一つ1,000円代半ばから売られているようです。ちょっといいランチ代ぐらいに考えれば、安いものかもしれません。

大事なのは、ライフセーバーの方がおっしゃってたのですが、自分一人だけの時は溺れている人は助けられないそうです。キッドも装備も無いし、自分も巻き込まれる危険性がとても高いからです。つまりまさに溺れる者はわらをもつかむがごとく溺れる人は、水の中で死に物狂いでしがみついてきます。そこで二次災害が生じやすいのです。

消防庁の救急隊の方が来るまで、平均8分要すると言われています。その8分だけせめて浮いていればなんとかなるそうです。ちなみに深みの海で静かに大の字で浮いている方を見たら、本当に遊んで浮いているのか咄嗟の判断が必要です。118もしくは119番に連絡が必要かもしれないからです。

最後に、雨が降ると分かれば、傘を用意すればいいのです。つまり、リスクが分かっているのなら、それに備えると安心します。リスクが予定通りのことなら、対策を実践するのみなのです。雨に降られない人は、いません。心がけ次第で、楽しさも倍増間違いなしです。

良い夏をお過ごしください。

東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァージンのすすめ

2016-08-08 00:19:50 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、ヴァージンのすすめについて書きたいと思います。ヴァージン?そう、ヴァージンのすすめです。

私が高校生の頃約25年前ですが、もともと英国支配下にあったニュージーランドに2年間留学し、ホームスティや寮生活を通じて、様々な現地の方にお世話になりました。

留学中のある時、当時現地のパキハ(白人)のボーイフレンドと付き合っていた私ですが、言葉の壁や文化の違いそして様々な要因が重なり、手痛い失恋をする羽目になります。

SEXには至らなかったものの、深い関係にあると信じていたこともあり、そのショックたるや3日間食べ物も喉に通らずの苦い経験でした。

その時お世話になった先生から「優子、kissing、hugging、そしてtouchingはO.K。But NO SEX、自分を傷つけるから」と日本人ではなく、西洋人の女性の先生から言われました。

西洋人と言えば、映画などでは特にキスでもハグでもなんでもごじゃれというイメージの、あの国々のご出身の方から言われたのですよ(笑)。


▲Kissing, Hugging and Touchingは、恋する若い二人にとって素敵なものでしょう。

それから、ある時には5人の子供がいる家庭にホームスティでお世話になったことがありますが、そこで私は耳に二つ目のピアスをしようとその女主に相談しました。その答えは「That's cheap, Yuko!」でした。(意味は、それって安っぽくない?みたいな感じです)

よくピアスを開ける時に、親からもらった体に無断で穴を開けるなんて、けしからんと言うようなことを言われる方がいますが、穴を開けるという連想から、心に響くものが私にはありました。

大学時代、日本に帰宅しとあるボランティア活動でご一緒した年配の方から「性(SEX)とは、恐ろしいものだからね。(気を付けないと)」と言われ、当時五里霧中的な感じもしていました。

そして今、結婚しもうすぐ10年です。口喧嘩はするものの、主人に大切にしてもらっています。

よく耳にすることに、すぐにSEXをしておかないと性の不一致があると困るからとおっしゃる女性の方もいます。性の不一致がなぜいけないんでしょう。ある程度交際期間を経て結婚に至ったカップルには、他にもそれをカバーできるそして共有できることが必ずたくさんあるはずです。

心配は無用です。自分で選んだことが人生を形作っていくように、振り返ると思います。

より良い人生の船旅に、BON VOYAGE!


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

婚活のすすめ

2016-08-07 20:37:21 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、婚活のすすめについて書きたいと思います。

そもそも私と主人が知り合ったきっかけは、ネット婚活でした。「ブライダル・ネット」というサイトのものです。

値段もそこまで負担にならない金額だし、自分のペースでできるし、しかも身分証明(卒業証明や就労証明他)をそのサイトに送ると個人情報を控えながら、証明が提出済みとの内容が本人のプロフィールにアップされます。

婚活パーティーやお見合いもいろいろ7年近く試しました。学校卒業後出会いがなく、体重も20歳の頃と比べると20キロ近く増えていました。

このサイトでは登録してから、メールのやり取りから始まり、実際対面して、交際に至り、よければゴールインという流れです。

主人に出会うまで、このサイトでは何人ぐらい申込んだでしょうか。メールで半年やり取りが続き、実際会ってみて断わられたりしたこともありましたし、メールを何回かやり取りしただけでボツになったケースも。何よりメールのやり取りを本人に申込んだだけで、門前払いのケースもありました。

主人とは、ちょうど自分本位で行ったところてんダイエットが幾らか功を奏した頃、彼からの申込みでメールだけのやり取りで半年が過ぎ、ちょうど会わないのも限界に近付いた半年後、対面しそれから1年間交際期間を経て、ゴールインしました。

この半年のメールのやり取りは、いわゆる昔の文通みたいな感覚と1年間の交際期間は、結婚しもうすぐ10年近くなって振り返ってみると、とても大事な時間の軸だったように思います。

特に交際期間の1年間は、相手を知る上で長すぎず短すぎず、ちょうどよい期間のように思います。


▲結婚を焦る気持ちはあっても、最低1年間の交際期間は大事です。


最後にメンタルの病気をしている者でありながらこれも何なんですが、健康な方を望むならプロフィールに「精神と身体共に健康な方を望みます。」と記入することをお勧めします。

このような場合は、健康な方を望む理由が理解できるからです。後は会ってみて知ってみてご自身で目を皿にして確認されることです。

また、逆にどんな障害をおっておられる方でも、必ず自分を必要をしてくれるパートナーを求めていれば、念ずれば叶うと申しますか、気持ちを察してくれる素敵な方に出会えるはずです。諦めずいろんな出会いを恐れず邁進することです。

以上、皆さまに良き出会いがありますように。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙のすすめ&楽しみ方

2016-08-02 22:06:47 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、先日行われた都知事選に端を発して、選挙の楽しみ方について書きたいと思います。

まず、①何よりも楽しもうと心に思い描くことから始めます。

②立候補者のできれば全員そろっている対談を時間を割いてテレビ見たり、マスコミの情報などから収集します。

その時、問題になるのは立候補者の話が何を話しているか分からないという問題にぶつかります。

そこで秘訣は、その方の人柄を観るようにすると良いでしょう。質問に対してどう切り返しているか、話している時のその方の全体的な雰囲気をみて、自分と合うかどうかでもいいし、自分を受け入れてもらえそうか否かでもいいのです。これをインプットとします。

③そしてアウトプットとして、そこで得た感想をできれば、家族だけでなく自分よりも高学歴な人や、目上の人に話題の一つとして振ってみるのです。他人が自分の意中の候補者をどう思うかヒヤリングします。

その結果意中の候補の方の変更や、いやいややはりこの人がいいというような決意を固めます。恋愛と同じです。

④そして選挙当日、その方に投票します。

⑤そこで私の場合は、選挙会場で無料の“投票証明”をもらいまして、デジカメに収めます。


▲季節感が出るオブジェクトと一緒に撮るといいでしょう。(この場合ふ化直前の蝉の幼虫がネックです)


⑥その夜、選挙結果がどうなのか、テレビをつけて確認します。意中の方が当選していたら、まだあげ初めし前髪の淡い恋が実った時のような感触間違いなしですよ。人に寄ってはレモンをがりりと噛んだようなケースもあるかもですが。

そしてつけ加えるとしたら、テレビで地区の選挙区の投票数の差異をみて、温度差があるのはどこの地区なのかを観察すると、またそこでその選挙区の民度を楽しめるんですよ~!!お役に立てば幸いです。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加