東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

育児・介護休業法について Part4

2017-03-07 05:23:37 | 社会保険の情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。今日は、人事総務ご担当者必見である平成29年1月1日施行育児・介護休業法の改正ポイントについて書きたいと思います。

本日から、陽気はもっぱら寒くなるらしいですね。沈丁花の花がかぐわしい香りを放っているのに、ちょっぴり残念です。

さて、「介護」の話から。「介護のための所定外労働の制限(残業の免除)」について。

対象家族1人につき、介護の必要がなくなるまで、残業の免除が受けられる制度が新設されました。

改正内容としては、介護のための所定外労働の制限(残業の免除)について、対象家族1人につき、介護終了まで利用できる所定外労働の制限が新設されたということです。

日常的な介護ニーズに対応するために、介護終了までの期間について請求することのできる権利として新設されています。

「所定外労働(時間)の制限」の「所定外」とあるので、各々の会社で定めてある一日の所定労働時間(例えば7.5時間とか、7.75時間とか)外の労働が制限されるのであって、「時間外労働の制限」とはまた趣が異なります。

「時間外」となると、労働基準法上例えば一日の法定労働時間は8時間なので、それを超える時間があくまでも制限対象となりますが、今回は各々の会社の実情で定めた所定外労働の制限となります。

企業様によっては、法定労働時間と所定労働時間が同じ場合もあるので、その場合は然りですが。


▲介護休業給付金を利用して、その時間を有効に介護に専念したいですね。


因みに、介護休業期間の所得保障として、雇用保険から介護休業給付金が会社を通してもらえます。以前は賃金の40%でしたが、現在67%支給されるようになっています。

以上、続きはまた次回。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
http://trustyofficeconsulting.jimdo.com/
メールのお問合わせはこちら

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 育児・介護休業法について P... | トップ | 自殺を予防する魔法のレシピ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL