がん再発・「がんじー」のトホホ日記  がんを旅の道づれにして

山頭火を追い、日々の小さな出来事やスポーツ、旅先で出会った事をお知らせします。ガン摘出のため傷だらけ。人生、負けない。

日本シリーズ前に斉藤君と中田君の・・。

2016年10月29日 | 機関車

ガンジー「スパイ猫、今日は何じゃ?」

猫「プロ野球選手の栄光と失われた才能ですにゃん」

2006年夏の甲子園大会、優勝決定戦を演じた

2人は時代のスーパースターじゃったのう。

実は、この大会2回戦で早稲田実業は大坂桐蔭高と対戦。

中田翔も出ちょった。

斉藤は中田相手に4打数3三振ノーヒットの力投、そして勝利。

こん恨みが後々まで響いちょるかのう。

斉藤の同期は今もときめくスターばっかり。

中田はただの大飯ぐらい。

それから半年後・・

日ハムで二人の対面、ゆっくり時代の扉が開いていくんじゃ!。

若者は夢ばっかり・・。

もう一方の若者・斉藤もスポーツカーば欲しがり、美女も・・。

しかし、スポーツ選手の現実は、ちーと厳しいのう。

肩を故障した斉藤の成績は下がり、4番の中田はうなぎ上り。

当然中田年収2億5千万、

斉藤2千5百万円。

二人の差がでるのが車

斉藤のスバル(父親がスバル勤務じゃった)

中田の愛車。実力格差は取り巻き格差も生む

中田の交友関係は派手じゃ

斉藤は質素に(陰じゃぁ、知らんが)

中田の競技生活は楽しそうじゃ。

調子に乗るんが、こやつの大欠点・・。

後ろの矢野の中田を見る目が冷め切って、冷たい。

一方、斉藤は故障もあり上昇気流にゃあ、

乗れへんで、ポツリ。

そして辛いのう、才能はいつ、どこで消えていくんか

誰にも告げやせん。本人が一番辛い。

スポーツ人生は短く、実人生は長い、どう転ぶかわかりゃあしぇん。

結末は誰にも分かりゃあしぇん

わかりゃあしぇん・・。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裸の今宮と佐藤健しゃん、ド... | トップ | 素敵な花束を・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

機関車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。