japan obd2 JOBDII.JP BMW BENZ 自動車診断機

様々な自動車故障診断機についての情報です。例えば、自動車故障診断ツール、走行距離/自動車の鍵の書き換えツール等々。

Autel MS908PでMB SCNコーディングをオンラインで簡単に行う

2017-07-17 14:27:23 | OBD2故障診断機

このブログでは、Autel MaxiSys Pro MS908Pを使用してMercedes SCNコーディングを3ステップで行う方法を紹介します。ご存じのように、ベンツSCNコーディングサービスは約150ドルの料金を請求されますが、MS908Pを使用すれば、手軽に手配できます!

autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-1

SCNコーディングを行う必要があるのはなぜですか?

新しいトランスミッションコントロールユニットまたはMEコントロールユニットを交換または点滅させるときは、新しいSCNを取得する必要があります、つまりSCNコーディングです。

Autel MS908Pを使用して、どのように3つのステップでMB SCNコーディングを行う?

ステップ1: Autel MS908PをJ2534 ECUプログラミングデバイスとBenzに接続する必要があります。次にAutel MS908Pを起動し、「診断」→「ベンツ」→「自動選択」を選択します。

autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-2 autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-3 autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-4

その後、イグニッションをオンにして1分待ってVINを読みます。読んだら「OK」をクリックします。

autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-5

ステップ2:メインメニューの「プログラミング」をクリックし、次に「ME-SFIガソリンエンジンコントロール」をクリックします。

autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-6 autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-7

「コントロールモジュールのプログラミング」→「NEXT」→「OK」→「OK」をクリックします。

autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-8 autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-9

ステップ3:「SCNコーディング」をクリックすると、2つのステップが表示されます。

autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-10 autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-11

「Step1」をクリックすると、すぐに「SCNデータをサーバーから取得する」が表示されます。 次に「Step2」をクリックし、1分待って「Perform SCN coding completed」と表示されます。今、Autel MaxiSYS MS908 Proを使用して、わずか3ステップでBenz SCNコーディングを行います!

autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-12 autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-13 autel-maxisys-pro-ms908p-SCN-Coding-14

もちろん、Autel MaxiSYS MS908P ProはSCNコーディングを行うだけでなく、診断、ECUコーディング、フラッシュプログラミング、J2534再プログラミングなど、他の多くの機能も備えています。それは2017年までの40以上の米国、アジア、ヨーロッパの自動車をカバーしています。

詳しい情報は:

http://www.jobdii.jp/wholesale/autel-maxisys-pro-ms908p-diagnostic-system-with-wifi.html

blog.jobdii.jp

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OBDSTAR TP50 TPMSアクチベー... | トップ | どのようにCGDI Progキープロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。