かまたさとるの今日のぶつくさ

1日の出来事や日常生活で感じることを「ちょっとだけ」ぶつくさとつぶやきます。

口蹄疫対策

2010年04月30日 | Weblog
今日は民主党県連で、宮崎県で発生した口蹄疫の対策会議を開催。本日付で対策本部を設置し、関係団体、農家からの意見聴取等を行いながら、口蹄疫のまん延防止と畜産農家の不安解消、経営安定対策等を行政に求めていくことを確認した。

この記事をはてなブックマークに追加

締切迫る

2010年04月29日 | Weblog
アクセス杯ゴルフコンペの申し込みは明日(30日)が締切です。あと2・3組は入れられますので参加申込書をプリントアウトしてFAX送信してください。。

この記事をはてなブックマークに追加

厳しい、、

2010年04月28日 | Weblog
今日は参院選関係で産別まわり。現在の民主党の状況に嘆く人もいれば、同情する人も、、いずれにしてもこのまま選挙に突っ込めば大変な結果になるだろう。何とか打開せねば…

この記事をはてなブックマークに追加

残念

2010年04月27日 | Weblog
小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規制法違反事件で小沢幹事長を不起訴とした東京地検特捜部の処分について検察審査会は起訴相当と判断した。これによって有権者から更なる厳しい批判が出てくることは間違いない。支持率低下の引き金となった「政治と金」の問題がまたもや再燃することは残念でならない。

せっかく事業仕分け第二弾で頑張っているけど、これじゃプラスマイナス、マイナスだ。参院選勝利に全力を注いでいる人が自らそのハードルを高くしている。。今後も幹事長職に居座るのなら、しっかりと丁寧に国民が理解しうる説明を尽くしてもらいたい。

この記事をはてなブックマークに追加

荒瀬ダム視察

2010年04月26日 | Weblog
今日は荒瀬ダムの撤去を求める議員連盟で、ダムと周辺地区を視察した。荒瀬ダムは4月に入って、発電事業を中止し、ゲートを開放しているが、開放により球磨川の水位が下がり一部地域で井戸枯れが発生している。

その地域に行って住民の方に意見を聞いてきたが、給水車が1日15回程来ており大変不自由な状況だ。撤去を実現するためにはこのような状況を改善していかなければならない。今後、県・八代市連携で早急な対策を講じるよう求めていきたい。

この記事をはてなブックマークに追加

今日じゃないけど

2010年04月25日 | Weblog
ちょっと前に行った福岡県直方市のチューリップフェアでの1枚。。

この記事をはてなブックマークに追加

保身じゃ駄目

2010年04月24日 | Weblog
市議会の特別委員会で政令市移行後の区割りについて審議会の答申案を議論し自民党、公明党、共産党から異論が続出したようだ。審議会には議会代表も出席していて区割りの答申をまとめたのに、、

そもそも選挙目当てで市議選や県議選の戦い方にあわせて区割りをしようというのが本末転倒である。決められた区割りの中でどのように議席を確保するのかを考えるべきである。時間をかけて住民説明会を踏まえて結論を出した審議会の答申案を自己保身のためにねじまげることは許されない。

この記事をはてなブックマークに追加

このままやってても

2010年04月23日 | Weblog
今日は川尻・力合校区新幹線対策連絡協議会。新幹線は開業まで1年をきったが、鉄道運輸機構に対する新幹線沿線の側道整備の要望は平行線のまま。これまでの要望内容について前進面が見られた段階で一旦整理しているが、現在は、その整理内容を踏み越えて更なる要望を出しており、その実現はかなり厳しい。これまでの経緯を踏まえると、要望実現には無理があると、今日の会議で申し上げたが、、そんなの関係ないみたい。。このままやってても同じようなやりとりが繰り返されるだけだろうけど、、

この記事をはてなブックマークに追加

何のための新党?

2010年04月22日 | Weblog
舛添氏が自民党を離党し明日新党を結成するそうだ。なんか二番煎じで自民党から逃げだした、って感じで期待薄だ。しかも同調者も少なく、めっきり影を潜めていた改革クラブの面々の選挙対策に担がれている印象が強い。

最近、打倒民主党を掲げていくつも新党が結成されているが、民主党を打倒した後、どのような政権で日本をどうするのか、そこが全然見えない。自民党と連立するのか、ならば自民党から脱走しなくてもいいのではないか。何のための新党なのか、、ただ自分の存在感を示すために新党を結成してるとしか思えないのだが…

この記事をはてなブックマークに追加

クラウド

2010年04月21日 | Weblog
今朝で早朝県政ニュース配布が終了した。その後、自治体クラウドについての勉強会。自治体クラウドは自治体が所有している電算システムのサーバーを集約するので、多くの市町村が活用すると費用削減で大きなメリットが生まれる。そのためには県内市町村への旗振り役とまとめ役が必要である。その役割を担うのは私は県だと考えるが、、

この記事をはてなブックマークに追加