周囲との違和感、生きづらい  生きづらさを改善させるカウンセリング~INDIGO塾~ 

☆HSP(Highly Sensitive Person)・インディゴチルドレン・発達障害・生きづらい人たちへ☆

アスペルガー女子の広がらずも深まらない交友関係

2017-05-19 08:09:41 | アスペルガー女子のつぶやき・アルペあるある

たいして親しくもない人から

『会いたいね~』

メールがくる

 

たいして親しくもないのだから、

(会っていったい何を話すの?)

と、わたしは思う

 

(わたしに会って、いったいなにが楽しいの?)

と、わたしは思う

 

あなたを喜ばせたり笑わせたりする、楽しい話のひとつやふたつも、わたしは持ち合わせていやしないのに

(それとも、わたしにとっての有益な情報や知識を、あなたがわたしに提供してくれるの?)

 

世間で言うところの、『会いたいね』とは、軽い挨拶程度のものかと思って数回受け流してみたけれど。。。

 

それでもしつこく『会いたいね~』メールは続く

 

どうやら本当にわたしに『会いたい』と思ってくれているらしい

 

 

『会いたい、会いたい』と言うそのくせに、自分から一向に会いに来ようとはしない

 

わたしが、あなたのところまで”会いに行く”っていうパターンをどうやら相手は期待しているらしい

 

【なぜ??】

 

たいして親しくもないあなたに、わたしはたいして会いたいとも思わない

 

それなのになぜ大切な時間と金をかけて遥々遠くのあなたのもとへ、わたしが会いにいかなくてはならないのか???

 

あなたがわたしに会いたいというのなら…、あなたがわたしに会いに来ればいいのに…

 

もしもわたしが、たいして親しくさせてもらってはいないけれど、それでもその人にどうしても会いたいと思ったときは、相手の都合と時間を聞いて、お願いをする

 

会ってもらえる承諾を得たら、手土産の一つや二つでも持って、相手に少しでも負担をかけないように自分から相手のいる場所へと赴く

 

これがふつうだと思う

 

(これが世でいう”ふつう”の感覚とは違うことは重々承知…)

 

これを普通だと思うわたしだから、幅の広い交友関係は一向に広まっていかない

 

でも、アスペルガーなわたしだから、しょうがない

 

意味のない交友関係には少しも興味を示さないのがアスペルガーの特徴だったりする…

 

終いにドン引きされる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肉食女子なわたしのラムチョップ | トップ | インディゴチルドレンとアス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL