周囲との違和感、生きづらい  生きづらさを改善させるカウンセリング~INDIGO塾~ 

☆HSP(Highly Sensitive Person)・インディゴチルドレン・発達障害・生きづらい人たちへ☆

糖質制限中のタイ料理☆ヤムウンセン風

2017-06-19 09:48:26 | lowcarb☆糖質制限

タイ料理が大好きなわたしですが、最近はめっきりタイ料理屋さんには行っていません

 

というか、外食をする機会すらあまりないですが…

 

特にランチタイム時の外食は、食べれるものが無さ過ぎて…(泣)

(ランチセットと言えば、丼もの系、ライスORパン付き、麺麺のオンパレード

 

糖質制限中の身には辛いです

 

糖質の件だけならまだしも、わたしには化学調味料という壁にもぶち当たります

 

生きづらい人は、”代謝障害がある”ということを考慮して、生きづらさに拍車をかけるような有害物質はある程度排除する必要があります

 

自然界にもともと存在しない、身体にとって毒となり得るものは、少しでも体内に入れないようにすることが大切です

 

そうなると、食材や調味料などに何が使われているか分からない”外食”は天敵!!

 

けれども、どうしてもタイ料理が食べたくなった今日この頃…。。。

 

タイ料理って、想像以上に大量の砂糖が使わています(スイートチリソースとかね)

 

お店で数品頼んで、それらを食しただけで(私的には)かなりの糖質過多で、、具合が悪くなる可能性大です

 

砂糖を入れずに、自分で作るのが一番ですね

 

ということで

 

タイ料理屋にいくと、始めの一品、サラダとしてみんなが大好きな春雨サラダ(ヤムウンセン)風を作ってみました本来ヤムウンセンとは、春雨とひき肉を使ったピリ辛サラダですが、春雨は全然ヘルシーじゃないから。もちろん糖質制限的にNG!!!!

 

春雨抜きです

 

ポイントは、本来はちみつや砂糖、またはスイートチリソースで甘みを加えるところを、ラカント液体(またはラカント粉末)などの血糖値を上げない甘味料を使う事です

 

今回、わたしは液状タイプのラカントを使用(焼き系のお菓子作りに粉末タイプのラカントを使っていますが、照り焼きソース風や煮物なんか、料理に使う時は液状ラカントが便利なので使い分けています)

 

材料は

お好きな野菜(パクチー、セロリ、赤玉ねぎ、きゅうり、人参、大根)←なんでもあり

ミニトマト

ひき肉(豚や鶏などお好みで)お肉以外にも海老や貝類、魚介類などのシーフド。ツナやアボカドなんかも美味しい)

調味料(1:1:1)

ナンプラー(メーカーによっては砂糖、アミノ酸系調味料なんかが添加されているものもあるので買う時は裏ラベルを要チェックです)

レモン汁

ラカント(液状タイプが楽)

※鷹の爪や青唐辛子、すりおろしニンニクなどをお好みで

 

全部混ぜて出来上がり

 

混ぜるだけでちょー簡単に完成です(笑)

 

ひき肉は茹でるのが本場のレシピらしい(?)のですが、わたしは炒めたものを使用

 

さらに、近所のスーパーでパクチーがいつもより高かったので、大量のセロリで代用

 

鷹の爪をきらしていた為、辛みには一味唐辛子を使用

 

こんな代用ばかりで作ったヤムウンセン風サラダであるにも関わらず、ナンプラーのお陰でそれなりにタイの味になるから不思議です

 

タイ料理屋さんでサラダを頼むと意外と高いけれど、自分で作れば糖質を抑えれるだけではなく、格安でたっぷり出来ちゃいます

 

●調味料に使用した、この3つを合わせるだけでタイ風の万能調味料になります

 

生春巻きのタレなんかは、これにピーナッツペーストやゴマペーストを加えると良いです

 (生春巻きの皮はお米(ライスペーパー)なので、糖質には注意ですが)

 

次はどんなタイ(風)料理を糖質制限的に作れるか

 

糖質制限中でも安心して食べれる、新しいタイ風料理レシピを模索中です

 

 

-----INDIGO塾~インディゴチルドレンたちが地球に適合しながら賢く生きていくための練習場・集まれる場~----- 

女性限定

次回個人対談会 次回 7月15日
 

詳しくはHPにて↓

wanderere.indigojuku HPwanderere生きづらいインディゴチルドレンへ

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« INDIGO塾的、わたしの歴史授業② | トップ | 吉濱ツトムさん沖縄セミナー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL