周囲との違和感、生きづらい  生きづらさを改善させるカウンセリング~INDIGO塾~ 

☆HSP(Highly Sensitive Person)・インディゴチルドレン・発達障害・生きづらい人たちへ☆

ナイアインと二日酔い!アセトアルデヒド

2016-11-23 07:49:01 | 身体・健康
せっかくなので、今日も引き続きナイアシンについてのお話

ナイアシンってとっても重要だから

お肌に良いのはもちろんのこと、脳内の神経伝達物質を作るうえで欠かせない大切な栄養素なのです

とくにわたしみたいな不安症や神経質的になりがちな人…とくにね…

他にもアレルギー症状の緩和、神経症、消化器官の正常化、統合失調症、脂質代謝異常の予防、自律神経を整える、二日酔い防止、アンチエイジングなどなど

挙げればきりがない

わたしたちの身体の中でこのナイアシンは、酵素の働きを助ける補酵素として約500種類以上もの働きに関わっていると言われています

わたしの中では、鉄とナイアシンは調味料で例えるならまさに”塩”のような立ち位置であると勝手思っています(笑)

どんな料理にも塩って絶対欠かせない調味料でしょ?

どんな料理にも塩を入れると味がしまって美味しくなる

わたしたちの身体にとってナイアシンはまさになくてはならない、王道調味料的存在(変な例えでごめんなさい
それほどわたしたちの身体にとって重要な役割を担っているナイアシン(ビタミンB3)なのです

大酒飲みさんは、ナイアシン欠乏状態の傾向が強いです

それは、アルコールの分解にナイアシンが必要不可欠だから

アルコールを飲むと、体内でアセトアルデヒドという物質が作り出されます

このアセトアルデヒドは二日酔いの原因ともいわれている毒です

飲みすぎて吐き気・頭痛・ひどい二日酔~い

なんて経験をしたことが皆さん一度はあるのでは

それは体内で作り出された”こやつの仕業”ですよ~

アセトアルデヒドの分解には、LDHと呼ばれる酵素が必要なのですが、この酵素の働きを助けてくれる補酵素がナイアシンなんです

つまり、お酒を飲めば飲むだけナイアシンが必要になるわけで、必要なナイアシンが補充されなければ欠乏状態になってしまいます

(ちなみとナイアシンは体内でアミノ酸のトリプトファンからも作られています・注ナイアシンが作られる体の代謝の仕組みが正しく働いているならばね…

一般的な血液検査では、医師は数値高値にしか目を向けませんが、分子整合栄養医学の見方ではLDH(乳酸脱水素酵素)はナイアシン欠乏状態の指標にもなります

LDHの値が低いという事は、このLDHという酵素の働き、活性が弱っているか、補酵素であるナイアシンが足りていないか、どちらかということが考えられるからです!

(かといって、LDH上昇に関与する他の多くの病態があるため、低くないからといってナイアシン不足ではないとは言い切れませんナイアシン欠乏でも他の病理がある場合はLDHは上昇するので、一つの項目だけでは決して判断出来ないのが分子栄養医学の血液検査データの読みの難しいところのようです)

血液検査でLDH(乳酸脱水素酵素)の値が低い人!140満たないような人は要注意です!!

年末にお酒を飲む予定が詰まっている人は、ぜひ積極的にナイアシンサプリやナイアシンを多く含む食材取り入れてみてください

ナイアシンの材料にもなるトリプトファンを多く含む食材を意識的に摂るのもおススメです


☆カウンセリング対談会開催中☆
-----INDIGO塾~インディゴチルドレンたちが地球に適合しながら賢く生きていくための練習場・集まれる場~-----

wanderere.indigojuku HP
wanderere生きづらいインディゴチルドレンへ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイアシンと血管拡張作用と... | トップ | ファミリーマートで糖質制限... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身体・健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL