周囲との違和感、生きづらい  生きづらさを改善させるカウンセリング~INDIGO塾~ 

☆HSP(Highly Sensitive Person)・インディゴチルドレン・発達障害・生きづらい人たちへ☆

セロトニンの材料!わたしのサプリメント

2017-07-11 08:31:44 | 発達障害

セロトニンシステム強化!!の為に、わたしが日々意識していることはいくつかあるのですが


今日は、せっかく前回よりセロトニンの材料・栄養素について続けて書いてきたので、わたしの愛飲サプリメントをご紹介したいと思います

(セロトニンが作られる為の必須栄養素については、前々回のこちらの記事を参照下さい)


左から、


ナイアシン(B₃)
ビタミンBコンプレックス
B6


サプリメントに馴染みがない人からすると、

「ビタミンBコンプレックスって何?

って感じだと思います

 

ビタミンB複合体とも言います

つまりは、ビタミンB群が色々ミックスされているサプリメントのことです

ビタミンB群は、代謝過程で非常に重要な役割をしていて、B群なしに代謝が成り立たないのでは?と思うほどに、どの代謝図にも必ず登場してきます


セロトニンの代謝過程を見ても、

(トリプトファン→ 鉄+ナイアシン+葉酸 →5HTP+B6セロトニン)

といった具合に、、B3であるナイアシン、B6が、セロトニン生成過程で必要不可欠なことが分かります


セロトニンの代謝過程のみならず、興奮を抑えたりする抑制系の神経伝達物質であるGABAが作られる代謝過程においても同様にB群が登場します

(グルタミン+ナイアシン→グルタミン酸+B6GABA)


とにかく、分子栄養学の教科書には必ずといって頻繁に出てきます

(Bコンプレックスは重要!とだけ覚えておこう(笑))

 

わたしが摂取しているニュートリコロジー社のビタミンBコンプレックスの内容はこんな感じです

B1 25mg

B2 25mg

B3 75mg

B6 51.5mg

葉酸 200mcg

B12 100mcg

ビオチン 100mcg

バントテン酸 125mg

コリン 125mg

イノシトール 50mg

PABA 50mg

 

セロトニンの材料になる、葉酸、ナイアシン、B6もそれぞれ入っています


ナイアシン、B6はB群の中でも特に重要なので、わたしはこちらのBコンプレックスとは別に、単体でもナイアシン、B6のサプリを摂取しているわけです


葉酸サプリメントは選ぶのなかなか難しいので、葉酸に関しては特に単体で摂ることはわたしはしていません
(葉酸は葉物野菜からも多少摂れるし、何より野菜からであれば、それは安心な天然葉酸の摂取が出来ます!)

※サプリメントには天然と人口のものとがあります。もちろん、出来るだけ天然に近いものを選ぶことが重要です

 

葉酸サプリに関しては、妊婦さん、妊娠計画中の女性を対象にしきりに摂取が叫ばれていますが、

 

人口葉酸が出回り、(天然の葉酸サプリは確か日本では販売されていなかったはずです)実はこの人口葉酸が体内に溜まってしまう人が結構いて、そのことが問題になっているというのが分子整合栄養医学では言われています

 

ちなみに、葉酸摂取により、発達障害の子どもが生まれる確率が上がったという説もあります

過去記事に少し詳しく書いていますので、興味のある方は是非読んでみて下さい

 

さて、話が逸れてしまいましたが、、

 

肝心な、アミノ酸(トリプトファン)のサプリメントは??

 

って感じですが、アミノ酸サプリはお値段が高いので、(笑)わたしはもっばらお肉を食べてトリプトファンを摂取しております

 

ちなみに、わたしが先日買ったソイプロテインの栄養成分表をみると(こちらの記事)、100g中のトリプトファンは1.4gでした

(今は1日に30gほどしかプロテインを飲んでいないので、プロテインだけではちょっと足りてない感じです

 

本来はプロテインよりも、分子レベルの小さいアミノ酸での摂取の方が(アミノ酸サプリメント)効率が良いのですが

 

何せアミノ酸サプリの質の良いものは、高い

 

(プロテインはお値段も安く、手が届きやすいので、)プロテインとお肉やお魚で、、食事を楽しみながら食材からトリプトファン摂取を心掛けています

 

 

-----INDIGO塾~インディゴチルドレンたちが地球に適合しながら賢く生きていくための練習場・集まれる場~----- 

女性限定

次回個人対談会 次回 7月15日
 

詳しくはHPにて↓

wanderere.indigojuku HPwanderere生きづらいインディゴチルドレンへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セロトニンと生活習慣 | トップ | アスペルガー女子は離婚率が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

発達障害」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL