周囲との違和感、生きづらい  生きづらさを改善させるカウンセリング~INDIGO塾~ 

☆HSP(Highly Sensitive Person)・インディゴチルドレン・発達障害・生きづらい人たちへ☆

アダルトチルドレン…生きづらさの原因?

2016-12-10 08:24:18 | 仲間よ集まれ目覚めよう
自分の生きづらさや人生における悩み苦悩を、自分の過去の出来事や親子関係に求める人は大勢いる

そんな彼らはアダルトチルドレン(AC)、愛着障害、共依存かもしれない



あの時◯◯だったから…
あの時◯◯だったなら…

だから自分は◯◯なのかもしれない…


自分の生きづらさの原因を、《何か》に求めたくなるのかもしれない

多くのカウンセリングでも、その答え探しに躍起になっていたりする



果たして、原因探しをしたところで、
果たしてその答えが見つかったとして、

当の本人は現状生活において、生きやすくなるのだろうか?



今のあなたの苦しみが、たとえ幼少期に親子関係をうまく結べなかったことが原因だったと自分が思ったとして

今のあなたの苦しみが、たとえ子供の頃に学校でひどいイジメにあったことが原因だったと自分が思ったとして

それが分かったところで、生きづらさは軽減するだろうか?



果たして、その原因は本当に妥当なのだろうか?



事実、そんなのは分かりようもない

たとえそのことが本当に原因だったとして、
原因は分かったけれど、
原因は分かったような気になったけれど、

それで実生活における悩み苦悩が解決!無くなった!
なんて人は、一体どれくらいいるのだろうか?



その母親のせいで
そのいじめっ子のせいで

幼少期から形成されてしまった自分の心を変えるのは難しいからしょうがない…
そう簡単に変わらない…


本人は自分を納得させるためにそう思うかもしれない

はたまた、他にも自分の潜在意識に埋もれてしまって気付けていない原因がまだだあるのかもしれない?

そんな風に思って、結局また見当違いな解決法に答えを探して彷徨うことになるかもしれない

生きづらさの答えを自分なりに納得いったような気になって当てはめたところで、
実生活において悩みが軽減していかないのなら、

それなら原因探しをする意味はあまりない



答え探し、原因探しをするよりも、具体的に行動していった方がよっぽど現実的で効果的

そのポイントは
(やらなければならないこと、気をつけなければならないことは沢山あるけれど)
主軸になるのは分子整合栄養医学と規則正しい生活習慣と習慣化にある



当たり前のことを当たり前にする
決して大層なことではない、小さなこと
それらを毎日コツコツ続けること



これって簡単なようで難しい
ほとんどの人が、簡単なようで意外に出来なかったりする

不思議なのは、生きづらさを軽減させるその解決案が、成功法則と言われるものに意外にも合致しているところ

生きづらさを解決させるために、行動をもとにコツコツと取り組めば人生は向上するというのだから面白い

それは心を主軸にするような、原因と結果を探す問い掛けごっこをしていたままでは決して得られない



今までやってきたことが、少しも今の現状生活における悩み苦しみの軽減に繋がっていないのなら、その方法、その視点を少し変えていくのが良いかもしれない



そうすることで、生きづらさの先に小さな光が見えてくるかもしれない



ただでさえ《生きづらい人》というのは【人生】というものに対する喜び楽しみを見出しづらく、(または他の人との"それ"とは少し価値観が異る)

"楽しく生きる" という感覚が希薄なのだから




-----INDIGO塾~インディゴチルドレンたちが地球に適合しながら賢く生きていくための練習場・集まれる場~-----
女性限定次回カウンセリング対談会 12月18日(日)

詳しくはHPにて↓
wanderere.indigojuku HP 生きづらいインディゴチルドレンへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知行動療法の暴露療法・エ... | トップ | 小麦粉不使用!お好み焼き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仲間よ集まれ目覚めよう」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL