周囲との違和感、生きづらい  生きづらさを改善させるカウンセリング~INDIGO塾~ 

☆HSP(Highly Sensitive Person)・インディゴチルドレン・発達障害・生きづらい人たちへ☆

どこまでも自分中心?!なアスペ女子?

2017-04-25 23:21:14 | アスペルガー女子のつぶやき・アルペあるある

「これ、見ていて?」

 

と、友人がバックを置いてトイレにたった

 

「いいよ~」と返事だけはいっちょ前にしたものの、多動症がすこし入っているアスペルガーのわたしの場合、

 

自分にとって予想外なことが急遽起きると、《友人がバックをわたしに託している》、《友人からバックを預かっている》、そんな状況にいた自分をつい忘れてしまう

 

バックの中にはお財布や、彼女にとって大切なものが入っていて、無くなっては困るもの

 

けれど、予定外のことが起きたことで、わたしの頭はそちらのことで頭がいっぱいになる

 

確かにバックを見ていて?とは言われたけれど、、貴重品を預かっている!!というところまで頭が回らない

 

予想外にわたしの携帯電話が鳴り、その電話が重要な内容の電話だったりすると、そわそわして急に席を離れて、自分の電話対応にだけ意識が向かってしまう

 

席に戻ると、友人が「バック見ていてって言ったのに~どこ行っていたの」と。。

 

「んげげッつ そういえば、そんなこともあったっけ」っと、一連のやりとりを思い出し、ショックを受けるわたし

 

(あの時は席を立つ予定なんてなかったんだもの…)

 

と、心の中で言い訳をしてももう遅い

(日本という国が安全な国で良かった~と心から思う瞬間だよね

 

何か別のことに意識が向かうと、その前にしていたことや、言われていたことが頭から抜け落ちてしまいやすいのです

 

今は、そんなところがある自分を自覚して、”バックバックバック” と、バックから出来るだけ目を離さずに、心の中でバックという単語をリピートさせまくって、決して忘れないように自分にプレッシャーをかけたりして気を付けている

 

他にも、もしそのバックが赤色だったら 赤色を頭の隅に置いておくと

(あれ?頭の中のこの赤色なんだっけ?あっそうだ今バックを見ているんだった!!)

と、思い出しやすくなるから、こんな関連付けもわたしはよくしている

 

こんな工夫や苦労をしているなんて、誰も気付かないし、笑われるから誰にも言いたくない

 

そんなことまでしなきゃ、とんでもないことをしでかしかねないのがわたし

 

子どものころからこうして身に着けた術が沢山あります

 

そんなことばかりだから、特に仕事では相当に神経をすり減らして疲れる

 

人の何倍も何かに注意したり、人の何倍も意識的に気を付けたりする工夫が日常的

 

でも、はっきり言って、預けた方が悪いじゃん?

 

わたしに大切な貴重品が入ったバックを見ていて欲しいなら、わたしの首にでもかけておくぐらいの工夫が必要なんだから

 

勝手に預けておいて、無くなったら責めるなんて、そっちのがよっぽと無責任

 

預ける相手を見ぬけなかった自分を是非責めるぐらいの気でいて欲しいわよね

 

っと。。


わたしはきっと悪くない!!どこまでも自分の非を認めたくない!!そんな自分中心なアスペルガーが顔を出すことも昔はよくありました

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残業が耐えられない?HSP・イ... | トップ | HSP・インディゴチルドレン・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アスペルガー女子のつぶやき・アルペあるある」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL